和歌山市DINING BAR Chill実食レビュー!場所や営業時間は?

和歌山市DINING BAR Chill実食レビュー!場所や営業時間は?

気になるニューショップ

仕事柄、飲食店の広告をよくみる管理人の居酒屋店長です。

地元の無料タウン情報誌とか皆さんはよくみますか?

自分はまだまだ地元でも行ったことがない飲食店がたくさんあるので

こういう無料のタウン誌でチェックするのですが、特に気になるのが特集に載っているお店とニューショップがめっちゃ気になるんですよね。

先日見たタウン誌のニューショップコーナーに気になるお店を発見。距離的にも行きやすい所にあったので仕事帰りに一人で突撃してきました。

奥さんに「自分だけかい!」と突っ込まれそうですがね・・・。

【更新情報】

2018年9月13日ランチ営業再開の情報を追記。

 

スポンサーリンク

 

DINING BAR Chillの料理実食

和歌山市の飲み屋街の外れの方に「DINING BAR Chill」さんはありました。

後ほど詳しい地図を載せますが、和歌山の飲み屋街「アロチ」の柳通りを中の島ロータリー方面に向かっていくと「サッポロラーメン」さんがありそこを川沿いに入っていくと角にお店があります。

昔「呑き」さんという居酒屋さんだったようです。

ちょっとオシャレな感じで自分みたいなおっちゃんには、ちょっと場違いかもしれませんがそんなことは気にせずに入店です。

お店に入ると右手にカウンターが数席と

カウンターの前には色々なお酒のボトルがめっちゃ並んでました。

いろんなお酒を楽しめそうですな。入り口の左手にテーブル席が2つ

その奥に5~6人は座れそうな座敷タイプの

半個室っぽい席がありました。もう閉店近かったので貸し切り状態。

「友達に教えるんで~」という名目でガッツリ写真撮っときました。

カウンター席に一人着席してメニューを見てみます。

ドリンクメニューです。

ビールやウイスキー、ワインやカクテル、ソフトドリンクなど一通りありました。

おすすめメニュー。

地元の鶏を使ったメニューや季節ものまでオーナーシェフのお勧めがたくさんありました。甘党な自分はスイーツがめっちゃ気になったけどね。

メニューブックにも豊富なメニューがいっぱいあります。

一品ものや・・・

サラダ系に・・・

パスタやピザ、ご飯物まで炭水化物系もめっちゃ種類あって麺好きとしてはメッチャ悩むっちゅーねん。

ご紹介してるメニューはごく一部。パスタの種類がオイル系・トマト系さらにクリーム系と種類が豊富でウリのようです。

悩んだあげく結局シェフにおまかせして3品程作ってもらうことにしました。

↑↑はお通しです。2種類のおしゃれな料理が出てきました。ポテトサラダと右はオムレツでした。どちらもビールが進む美味しさ。飲んだのはノンアルコールビールですけどね・・・。

ちびちび頂いていると1品目が到着。

「マグロの生ハムとアボガドのカルパッチョ」

和歌山は勝浦産のマグロの生ハムとアボガドのサラダのようなカルパッチョ。

サッパリして臭みも少なく美味しい生ハムの魚バージョンです。お肉が苦手な方にもおすすめやで。アボガドを大きくカットしたものが入っててベビーリーフもたっぷり。

もうねカルパッチョというよりサラダに近く、たっぷりとお野菜を摂取できます。ドレッシングもうめぇ。

そして2品目ですが・・・

「鹿肉のローストバルサミコソース」

うはっ!!お肉!!!と思わず心が踊ってしまうようなビジュアル。

これメニューに無かったんですが、なんでもシェフ独自のルートで仕入れた新鮮な鹿肉をローストビーフのように仕上げた、めちゃめちゃうまそうな一品。

食べてみると鹿肉ってクセもなく、旨味は強いのに牛肉よりしつこくなく赤身なのでサッパリとしてます。バルサミコを煮詰めて作ったソースがめっちゃ肉に合って最高やでぇ~!

この2品で結構お腹にきてたのですがどうしてもパスタを食べたかったので、おすすめのパスタをお願いしてました。

「厚切りベーコンのカルボナーラ」

これまたぶ厚いベーコンがゴロゴロ。

食べてみると、今まで食べたカルボナーラの中では結構軽いというか、アッサリタイプ。

あまりチーズがガツンと効いているわけではなく生クリームを多めにしてるのか上品なクリームパスタを食べているようなカルボナーラでした。ガッツリなカルボが

好きな方にはちょっと物足らないかも。自分はボリュームたっぷりの2品を食べた後のカルボナーラだったのでかなりお腹にきましたよ。

いやぁ~お腹いっぱいになりました。シェフ閉店前にすいませんでした!

今度はもっと早い時間に食べにきますねー。ごちそうさまでした。

 

スポンサーリンク

 

場所や営業時間は?

場所なんですが

グーグルマップは「呑き」さんで、まだ表示されてしまいますが現在はちゃんと「Chill」さんが営業してます。JR和歌山駅からは、少し遠いのでタクシーにのった方がいいかもしれませんね。

恐らく和歌山に一軒しかない「サッポロラーメン」が目印なので分かると思います。

営業時間ですが

オープン18:00~ラスト25:00、ラストオーダー24:00です。

定休日は日曜日と祝日の月曜日。

※2017年9月から定休日が変わったようです!

定休日|水曜日

水曜が祝日の場合、振替で翌日が休みになるかもしれないのでご注意を!

お任せのコースと飲み放題もあるようなので(料理内容の相談もできるようです)お店に直接問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

期間限定ランチ営業スタート

先日、地元のフリーペーパーの別冊

リズム別冊『秘密のグルメ』という本に「DINING BAR Chill」さんも企画参加されておりました。ここでは公開しませんが、この本に参加されている和歌山の飲食店さんに、この本を持参して食事にいくと本で紹介されているお店のオリジナル裏メニューを注文できるそうです。

そして裏メニューだけでなく「DINING BAR Chill」さんのページによると、期間限定でランチ営業を2018年2月より始めたそうです。ランチの内容は

お肉とパスタのコースメニュー!お値段により内容が異なるようですがサラダやデザート、ドリンクまでついたしっかり満足できそうなランチのようです。

あと少し前よりパスタの麺がなんと

生パスタになったようですよ!!

生パスタは関西ローカルテレビ番組「よ~いドン!」で過去に紹介された淡路島にあるこだわりの生パスタ専門

『淡路麺業』さんの生パスタ!!

こちらのパスタを味わえるようですよー!こちらもシェフいわく大好評だそうです。ぜひ食べに行きたい!!

特別な日や、ゆっくりランチを楽しみたい方はぜひ「DINING BAR Chill」さんのランチに行ってみてはいかがでしょうか。予約したほうが確実にランチを楽しめそうなので、前日までに予約してみてもいいかもしれませんね。

ランチタイム|11:00~14:00

管理人も先日、ランチタイムにお邪魔してステーキと生パスタのランチをいただいてきました!

パスタは日替わりの2種類からチョイスでき、ツイートの写真以外にもサラダ、デザート、ドリンクつきで大満足のランチ。おすすめやで~!

以上、ランチ営業スタートした「DINING BAR Chill」さんの情報でした。

【ランチタイム営業について】

期間限定のランチ営業の為2018年4月20日にてランチ営業は一時中断になるそうです。再開は未定ですがオーナーさんによると秋くらいからまた期間限定でランチ営業をするようなので詳細が分かり次第、追記したいと思います。

2018年9月13日よりランチ営業再開

2018年9月13日よりパスタのランチ営業が再開されたとのことです。

生パスタランチ(パン・サラダ付き)1100円(税込)~

ランチ営業日|月、火、金、土

ランチタイム|11:00~14:00(O.S13:30)

定休日は水曜で、日曜日は夜だけの営業となっています。シェフ自慢の生パスタのランチはおすすめなのでぜひ!

 

感想・まとめ

今回の「DINING BAR Chill」さんですが

デートや女子会、さらには一人使いなど様々なシーンで利用できるダイニングバーだと思いました。

今回は一人で料理3品とドリンクで4000円と割高でしたが、パスタ意外は2~3人くらいで食べる量だと思うので数人でシェアすればもっとお安いと思います。

自分ではなかなか作れない洋食系メインなので、どれも美味しく普段味わえない味を楽しめましたよー。特に印象に残ったのが

コイツ!

絶品でした、マジ。

今回たまたま巡りあえましたけど、普段はなかなかないそうです。超絶柔らかい鹿肉とバルサミコソースが相性抜群でした!

今回は食べ過ぎてデザートまでたどり着けなかったのが残念ですが、またリベンジしたいですねー。シェフ、またお邪魔させて頂きますね。

「ブログ見たよ!」と言っても何もないのでご注意を(^^;)

【関連記事】

”乃が美はなれ和歌山本店の生食パン紹介”

”マサキ珈琲が改装したので行ってみた”

”Mr.こってり麺清乃ブラックまぜそばレビュー”

”和dining清乃数量限定ラーメン実食レビュー”

”傾いたラーメン屋まる豊”

”ひとりじめ狸本舗の狸巻き”

”パンプラスクルトンのモーニング”

お店に行くときの参考になれば幸いです。