【くら寿司】すしやの牛丼はまずいかのか実食!カロリーやお値段は?

【くら寿司】すしやの牛丼はまずいかのか実食!カロリーやお値段は?

くら寿司の牛丼デビュー

回転寿司なら20皿くらいは楽勝な管理人です。

テレビを見ていたら、あの『くら寿司』さんのCMで竜王様がまた新メニューのCMに!

今度は『牛丼』ですか!?くら寿司さんは、一体どこに向かってるんでしょうね。

しかし、かなりの自信作のようで

牛丼を超えた、牛丼

と、『吉〇屋』や『○き家』にまるで挑戦状を叩きつけたかのようなキャッチコピー。

ここまで言われたら食べないとダメでしょう!と、いうことで初日に早速「すしやの牛丼」を食べてきましたよー。

 

スポンサーリンク

 

すしやの牛丼実食レビュー

今回は『シャリコーラ』の時と違い一人でランチタイムに『くら寿司』に、行って参りました。人生初ひとりくら寿司を実践。意外とサラリーマンやOLさんも多く自分より先に隣にいた女性も一人で来てました。

タッチパネルで注文じゃー!

ku1

もちろん『牛丼』一択

注文後、周りを見渡したのですが、牛丼を食べている人はこの時点で皆無でした。牛丼なんで、ご飯にかけたら終わりだと思うんですが初日でオペレーションが悪いのか、混んでいるのかなかなか牛丼が出てきません。

一緒に頼んだ『アサリの赤だし』が先に来ちゃったよ。

ku2

おまけに「やっと牛丼来た!」と思ったら

自分をスルーしてなんと先に座っていた女性の方へ。発売初日に牛丼を食べにくるとは、なかなかの猛者とお見受けしました!

約7~8分ほどで自分にも牛丼到着。

ku3

見た目がめっちゃ濃い!!タマネギの量が多めで、かなり煮込まれているのか色が非常に濃いですな。

ku4

牛肉もかなり煮込まれているようでかなり柔らかい感じ。脂身ばかりでもなくバランスのいい牛肉のようです。

ひとくち食べてみると・・・

kao20

えーと・・・

かなり濃いです。

とにかく醤油辛いんですよ。例えると、砂糖と醤油で作ったすき焼きの最後の残りをご飯にかけたような感じ。甘辛さが半端ない!

ku5

タマネギはとろけるほどではなく、しっかり食感は残ってました。

味は見た目の通りの濃さ。

ku6

ご飯はさすがに『シャリ』ではなかったです。濃いつゆが、ご飯にも結構染みていて辛いので、飲み物必須かと思います。ていうか、クドくて胸焼けしそうなんですけど・・・。

ku7

寿司屋なんで『紅ショウガ』はないので代わりに『ガリ』をのせて食べてみたんですが、ぶっちゃけ

ガリ合わねー!!

ku9

途中で「俺は実家のすき焼きを食っているのか」と錯覚しそうなほど、甘ったるい感じが強くなってきて飽きちゃった・・・。

ku12

おまけに『赤だし』が、今日はハズレのようでアサリの砂がひどく、食べると口の中で「ジャリジャリ、ガリガリ」と歯に当たって食べる気失せましたわ・・・。

牛丼完食後、サッパリした物が食べたくなり

ku13

大好きな『えんがわ』と

ku14

旬の『さんま炙り寿司』を口直しに頂きました。

赤だしは・・・

ku15

ごめんなさい!アサリの砂ひどすぎて残しちゃいましたよ・・・。赤だしは、牛丼との相性も悪いかも。

濃い『牛丼』を食べたあと、サッパリしたお寿司を食べたくなるのは、ひょっとして

戦略!?

 

スポンサーリンク

 

カロリーやお値段は?

気になるカロリーですが

ku3

725キロカロリーです。なかなかの高カロリー。

各店の牛丼カロリーは

・吉野屋:牛丼並⇒669キロカロリー

・すき家:牛丼並⇒656キロカロリー

比べてみても、くら寿司の牛丼は1番カロリーが高いですね。味が濃い分カロリーが高いのかも。くら寿司のどんぶりメニューの中でも2番目にカロリー高いですよ。ちなみに、くら寿司1番のどんぶり高カロリーは『特上うな丼』の863キロカロリーでした。

お値段ですが

ku16

370円(税抜)でした。

各店舗の牛丼並のお値段は

・吉野家:牛丼並⇒380円

・すき家:牛丼並⇒350円

こう見てみると、専門店の吉野家より安いのは凄い企業努力かなと思います。すき家の値段が相当安いのも凄いですよね!価格設定は妥当な金額なのではないでしょうか。

期間や数量は限定してないようなので不評でなければ当分は販売していると思われますよ。不評でなければね・・・。

 

評価・感想

今回のくら寿司『すしやの牛丼』の個人的評価ですが・・・

kao11

評価|★

【評価内容】

★1つ:イマイチ、無理かも

★2つ:普通、無難、アリかな

★3つ:美味い!、マズい関係なしに好き

※あくまで個人的評価です。

この牛丼、好みによるでしょうが正直ね美味しくなかったです。

とにかく濃いの一言。ここまで濃くする必要あったんですかね。何故こうまでして牛丼を出すのか自分にはイマイチ理解に苦しむ商品。牛丼専門店の牛丼になれていると美味しく感じないのかもしれません。

2016y11m05d_032249304

ポスターにはこだわりの製法について書いてましたが、かなり煮込んでいるぽいので完全に「7つの魚介だし」とか飛んでいますし、このくらいの味の牛丼なら家で醤油、砂糖、みりん、酒で牛肉とタマネギを煮込めば出来てしまう味ではないかと思ってしまいました。

ちょっと

牛丼を超えた、牛丼

2016y11m05d_012357555

くら寿司さん・・・

言い過ぎじゃないですかね??

興味のある方は、ぜひ食べてみて下さい!

「寿司屋で牛丼はチョット・・・」というシャイな方は、持ち帰りも可能。他の牛丼も買って帰って家でゆっくり食べ比べて牛丼談議などもよろしいかと。

自分は寿司屋いったら、やっぱり寿司食おうと改めて思いましたけどね!

【関連記事】

”シャリコーラ・シャリカレーパン”

”胡麻香る担々麺”

”すき家キングカレー実食”

”すき家キング牛丼実食”

”すき家黒毛和牛弁当”

”すき家黒毛和牛のカレー”

”吉野家松茸牛丼実食”

食べる時の参考になれば幸いです。

※販売が終了している物もあります。