和歌山有名店「和dining 清乃 生ラーメン」取り寄せお土産タイプを食べてみた!

ご当地もの

ラーメン大好き管理人の炭水カブツです。

先日、奥さんと地元スーパーで買い物している時にとんでもないラーメンを発見!

『和dining 清乃 生ラーメン』

食べログの和歌山ラーメン部門でも常にランキング1位で、和歌山のラーメン通で知らない人はいない名店「和dining 清乃」さんのお土産タイプというか、取り寄せタイプのラーメンが販売されてたんですよ!

パッケージにもしっかりと数々の賞をアピール。

当然この記事を書いている現在も食べログ和歌山のラーメン部門でトップに君臨しています。

普段こういうタイプのラーメンって通販やお土産じゃないとなかなか買いませんが、お得な価格で売っていたこともあり、そっと買い物カゴに忍ばせて購入。(あっ!ちゃんと奥さんに交渉しましたよ!)

和歌山ナンバーワンの味を自宅で作って食べてみたので紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

和dining 清乃 生ラーメンを作ってみる

和dining 清乃のラーメンを前面にしたパッケージ。

パッケージにはお店で実際出しているラーメンのネーミングは入ってませんがラーメンの写真を見る限り、和dining 清乃さんの一番人気のラーメン【角長しょうゆ「匠」】をイメージして作られたラーメンかと思われます。

店主の原田氏もラーメン店主お約束のポージングで登場。

強面ですが美味しいラーメンを作るお顔をしてらっしゃるのではないでしょうか。

原材料表

コスト的に角長の醤油を使えなかったのかどうかは不明ですが、どこにも「角長」の名前がない所をみると残念ながらお店で使用している醤油は入ってないかも。

和dining 清乃さんのラーメンは「和歌山ラーメン」と言われる豚骨醤油ラーメンではなく、パッケージにも書かれている通り、魚介系の旨味が効いたあっさり醤油の淡麗中華そばとなっています。

箱をあけると

液体スープと生麺が各4つはいってます。具材等は一切入ってないのでご注意を。

麺は幅がある少し平たい感じの太麺でお店で使われているのと同等な感じです。

作り方も裏面に丁寧に書かれているので説明通り作っていきます。

麺を茹でている間に・・・

どんぶりに液体スープを入れ熱湯をそそぎ、スープを作っておきます。魚介系の香りが素敵やん。

麺が茹で上がったらスープにライドオン。

自家製のチャーシューとネギをのせて完成!果たしてその味は・・・。

和dining 清乃 生ラーメン実食

麺リフト

一般的な和歌山ラーメンとは違い、太く食べ応えのあるモチモチした食感の麺。お店ではもう少しツルっと喉ごしがよかった気がしますが、この取り寄せお土産タイプの麺もかなりお店に近い感じの美味しい麺です。

スープは油分が少なめでかなりあっさり。昆布やいわし、カツオといった和風な旨味も強いですが、しっかりと鶏の味とも融合して美味しいスープとなっています。

色が濃いので醤油辛そうに見えますが飲んでみるとそこまで塩分はきつくなく、まろやかな優しい味で最後まで飲み干せるほど。

少しお店で実物を味わうほど、旨味が強いかと言われれば若干パンチに欠けるかも・・・。

チャーシューは自家製なので割愛。最後までついつい飲んでしまうマイルドなスープ。自宅で作るラーメンとしてはかなりハイクオリティーではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

価格やカロリー、購入方法は?

購入方法ですが、Amazonや楽天で購入可能です。

価格は1080円(税込)、ネット通販以外では和歌山のスーパーなどでも取り扱いのあるところもあるかもしれません。和dining 清乃さんでは販売されていないと思われます。

カロリーですが残念ながら表記されていません。おおよそですが一食当たり一般的な麺とスープ合わせての400キロカロリー程度ではないかと思います。

和dining 清乃 生ラーメンの感想・まとめ

地元、和歌山の大人気店のラーメンを自宅でも楽しめる感じではないでしょうか。

カップ麺と違い麺、スープともにお店並みのクオリティー。地元民としては「和dining 清乃」欲求をある程度満たしてくれる商品ではないかと思いました。

ただ豚骨醤油味である「和歌山ラーメン」を求める方にはおすすめできないというか、和dining 清乃さんのラーメンは和歌山ラーメンではないのでご注意を。

(お店に行けばメニューに「こってり和歌山ラーメン」というメニューはあります)

興味のある方はぜひ和歌山No.1のラーメンを味わってみてください!

【関連記事】

”和dining 清乃実食レビュー”

”和dining 清乃こってり和歌山中華そばカップ麺”

”山形県「龍上海 赤湯からみそラーメン」実食”

コメント