ヤマダイ凄麺「尾道中華そば」ご当地シリーズ食べてみた!

ヤマダイ凄麺「尾道中華そば」ご当地シリーズ食べてみた!

ヤマダイ凄麺ご当地シリーズを全部食べたい管理人です。

今年中に全種コンプリートできるのか残すところあと2種類となった

凄麺まつり

やっと2種類のうちのひとつ「尾道中華そば」を発見!やっと見つけたでぇ~!あと残すは「千葉竹岡式らーめん」のみ。

「尾道中華そば」もご当地ラーメンとしてはよく聞くラーメン。その歴史は古く元々尾道の中華料理屋さんが出した中華そばがルーツだそうで、背脂が浮かぶ醤油スープと平打ち麺が特徴のようです。

お店によってはストレート細麺で背脂のない尾道中華そばもあるんだとか。奥が深い!

そんな歴史ある尾道中華そばを商品化した凄麺ご当地シリーズ。一体どれほどの美味しさなのか食べてみました。

 

スポンサーリンク

18杯目:ヤマダイ『尾道中華そば』実食

凄麺ご当地シリーズ18杯目はこちら

ヤマダイ『尾道中華そば』

パッケージに書いてる通り、素朴なオーラが出てるカップ麺。特に特徴など書いてませんでした・・・。

原材料表

材料を見る限り鶏ベースに煮干粉末と動物系と魚介系を合わせた味かと。かやくなどもいたってシンプルなラーメン。

フタを開けてみると

かやく、液体スープ、そして今回は久々のレトルト具材!チャーシューとメンマはフレッシュタイプやで。

麺は太目の平打ちタイプノンフライ麺です。

お湯投入5分後、液体スープ注入。

濃厚そうな醤油ベースのスープ。混ぜると色も濃いめで香ばしい醤油の香りが漂います。

レトルト具材が

カップ麺のレベルではないくらい美味そう!

麺リフト

あまり太すぎない平打ち麺。モチモチ食感の麺に濃いめの醤油スープがよく絡みます。

スープには「尾道中華そば」の特徴ともいえる背脂が入っていてスープのアクセントとなっています。かといってクセはまったくなく、醤油味のまろやかなで飲みやすいスープ、ついつい飲み過ぎてしまうで!

とにかくかやくのクオリティーも激高。

チャーシューとか

メンマとかクオリティーやべぇ。コストを考えるとヤマダイさんの企業努力が凄いんだなと思いますね。

仕事から帰ってきた寒い体を温めてくれる一杯でした!

 

スポンサーリンク

凄麺「尾道中華そば」のカロリーや価格

カロリーですが

329キロカロリーです。麺太目、味しっかりのわりにはカロリーは低め。

お値段ですが、定価210円(税抜)です。期間や数量は限定とはなっていません。

ヤマダイさんのホームページから購入可能ですよ。

ホームページはこちら>>「ヤマダイ凄麺HP」

凄麺「尾道中華ぞば」の評価・まとめ

”ヤマダイの凄麺ご当地シリーズを全部食べる!”

18杯目『尾道中華そば』の個人的評価ですが

評価|★★

【評価内容】

★1つ:イマイチかも・・・。

★2つ:完成度高め!ご当地気分を味わえる味

★3つ:お店以上!?食べるべき一杯!!

※あくまで個人的評価です。

これといって強い特徴はないですが、いつ何時食べても美味しい安定の醤油ラーメン。

動物&魚介のバランスのよいうまみの強いWスープと太目の麺の相性もよく、嫌いな人は少ないんじゃないかと思う味でした。

個人的にはもっと背脂ほしかったけど、アクセントくらいなのがいいんでしょうね。本場で色々なタイプの尾道中華そばを食べてみたいもんですな~。

今回のフタの裏ばなしでは

ご当地シリーズについて熱く語っていましたよ。

おじさんも20種類のご当地シリーズ実食コンプリートまであとひとつ!なんとか2018年中に完食したいと思います。

凄麺ご当地シリーズ19杯目に続く・・・

【関連記事】

”凄麺「和歌山中華そば」実食”

”凄麺「長崎ちゃんぽん」実食”

”凄麺「札幌濃厚味噌ラーメン」実食”

”凄麺「富山ブラック」実食”

”凄麺「函館塩ラーメン」実食”

”凄麺「佐野らーめん」実食”

”凄麺「横浜とんこつ家」実食”

”凄麺「横浜発祥サンマー麺」実食”

”凄麺「仙台辛味噌ラーメン」実食”

”凄麺「奈良天理スタミナラーメン」実食”

”凄麺「さいたま豆腐ラーメン」実食”

”凄麺「喜多方ラーメン」実食”

”凄麺「名古屋台湾ラーメン」実食”

”凄麺「京都背脂醤油味」実食”

”凄麺「静岡塩ラーメン」実食”

”凄麺「青森煮干中華そば」実食”

”凄麺「熟炊き博多とんこつ」実食”

”ニュータッチ焼そばタイプ全種実食まとめ”