ヤマダイ凄麺「京都背脂醤油味」ご当地シリーズ食べてみた!

ヤマダイ凄麺「京都背脂醤油味」ご当地シリーズ食べてみた!

ヤマダイ凄麺ご当地シリーズ全種実食したい管理人です。

おわっちゃう!終わっちゃうよぉぉぉ~!地元スーパーの

凄麺まつり

どうも在庫切れ商品はもう入れる気ないようで、特設コーナーが日々縮小されていってる今日この頃。

今回の凄麺シリーズは関西は京都のご当地ラーメンをいただきます。

京都といえば薄味なイメージがありますがラーメンにおいては濃いめのラーメンが多く、背脂を入れた濃い醤油味やコッテリと煮込んだスープのラーメン屋さんが多いようです。

京都発祥のラーメン有名店やチェーン店も多く、有名店「新福菜館」や「本家第一旭」さらにチェーン店では「天下一品」や「ラーメン横綱」、「ラーメン魁力屋」、「来来亭」などなどのお店があり、確かに濃いスープが特徴なんですよね。

そんな京都のご当地ラーメンを再現した凄麺はどんな味なのか食べてみたので紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

14杯目:ヤマダイ『京都背脂醤油味』実食

凄麺ご当地シリーズ14杯目はこちら

ヤマダイ「京都背脂醤油味」

京都といえば「九条ネギ」が有名ですがそこはきっちり押さえており、ちゃんとラーメンに入っています。

他にもパッケージに

京都の情報を発信する「京都いいとこマップ」さんの推奨品となっているようです。あくまで京都のいいところを紹介するサイトでラーメン専門のサイトではないですが、地元京都の編集者さんたちが食べてレビューしている記事も紹介されていました。

京都いいとこマップさんの凄麺レビューはこちら>>京都いいとこブログ

原材料表

スープはポークベースでニンニクが少し入っているようです。かやくにもとくに変わったところはなし。

フタを開けると

かやく2袋と後入れ液体スープが入ってます。麺は細目のノンフライ麺。

お湯投入4分後、液体スープ注入。

背脂が入っているためか、いかにも濃厚そうなスープ。食欲をそそる醤油の香りが素敵やん。

麺リフト

しっかりとスープが馴染む、細麺ストレート。食感も喉ごしもいい凄麺の安定した麺には毎回癒されてます。

甘味のある九条ネギと醤油のエッジは効いているものの後味に甘味の残る背脂スープがマッチしてクセになる味わい。ついついスープを飲み過ぎてしまいますな。

これが京都じゃ!みたいな特徴はないですが、安定した美味さ。食べたことないけどイメージ的に「来来亭」さんに近いのかな?アピールしてる背脂が思ったより少ない気はするけどな・・・。

背脂もっとプリーズ!!

 

スポンサーリンク

凄麺「京都背脂醤油味」のカロリーや価格

カロリーですが

444キロカロリーです。今まで食べた凄麺ご当地シリーズの中で2番目に高カロリー。背脂が入るとカロリーが高いかも。

お値段ですが、定価210円(税込)です。期間や数量は限定にはなっていません。

ネットでも購入可能ですよ。

凄麺「京都背脂醤油味」の評価・まとめ

”ヤマダイの凄麺ご当地シリーズを全部食べる!”

14杯目『京都背脂醤油味』の個人的評価ですが

評価|★★

【評価内容】

★1つ:イマイチかも・・・。

★2つ:完成度高め!ご当地気分を味わえる味

★3つ:お店以上!?食べるべき一杯!!

※あくまで個人的評価です。

ラーメンはこってりが多いという京都の特色を出した美味しい一杯。

濃そうにみえますが食べてみるとそこまで味は濃くなく、背脂でのこってり感がメイン。もっと背脂があってもいいかなと思いましたね。個人的に凄く好きな味でした。

ご当地っぽいかと言われれば、色々なタイプの濃いラーメンのある京都なので、それらに比べるとインパクトはないのかなと思います。

京都の情報を発信してる「京都いいとこマップ」さんが推奨してるのでそれなりにはご当地感があるのでしょうね。

今回のフタの裏ばなしでは

麺に対するこだわりについて書かれていました。京都のラーメンって麺やわらかめなのね!

安定した美味しさの京都背脂醤油ラーメンなのでぜひおためしください。

「凄麺ご当地シリーズ」15杯目に続く・・・

【関連記事】

”凄麺「和歌山中華そば」実食”

”凄麺「長崎ちゃんぽん」実食”

”凄麺「札幌濃厚味噌ラーメン」実食”

”凄麺「富山ブラック」実食”

”凄麺「函館塩ラーメン」実食”

”凄麺「佐野らーめん」実食”

”凄麺「横浜とんこつ家」実食”

”凄麺「横浜発祥サンマー麺」実食”

”凄麺「仙台辛味噌ラーメン」実食”

”凄麺「奈良天理スタミナラーメン」実食”

”凄麺「さいたま豆腐ラーメン」実食”

”凄麺「喜多方ラーメン」実食”

”凄麺「名古屋台湾ラーメン」実食”

”ニュータッチ焼そばタイプ全種実食まとめ”