ヤマダイ凄麺「名古屋台湾ラーメン」ご当地シリーズ食べてみた!

ヤマダイ凄麺「名古屋台湾ラーメン」ご当地シリーズ食べてみた!

ヤマダイ凄麺ご当地シリーズ全種実食チャレンジ中の管理人です。

10月29日は凄麺の日!

凄麺の第一作目「これが煮玉子らーめん」が2001年10月29日に発売されたことにちなんで10月29日を「凄麺の日」としてヤマダイさんでは色々なイベントを開催するようです。

企画①:「復刻版これが煮玉子らーめん」を2018年10月22日より販売。

企画②:凄麺キャラクターを考案。

企画③:SNSキャンペーンを10月29日限定で開催!

以上の企画を開催するようなので凄麺ファンは見逃せません。

(詳しくはHPまで>>ヤマダイHP

そんな「凄麺の日」が関係あるのかどうか不明な地元スーパーカップ麺コーナーで開催中の

凄麺まつり

「凄麺の日」との因果関係はわかりませんが、とりあえず品切れした種類を再入荷して延長してほしい今日この頃。そんなご当地シリーズ全種実食コンプリートも13種類目となりましたよ。

今回は昔からあり名古屋めしを代表するラーメン「台湾ラーメン」を再現した凄麺をいただきます。

「台湾ラーメン」は1970年頃に「味仙」という台湾料理店のまかない料理が起源とされるラーメン。1980年頃の激辛ブームで知名度があがり、一気に火が点きブームになったんだとか。

たっぷりの挽肉とニラ、唐辛子が特徴的。

管理人も20年程前よく仕事で名古屋に行くことがあったのですが、その頃より中華や台湾料理店があちこちにたくさんあり何度が食べたことがあるのですが、ガツンと効いたニンニクの香りと辛さの虜になった記憶があります。

昔食べた懐かしの味を凄麺ご当地シリーズで味わってみたので紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

13杯目:ヤマダイ『凄麺 名古屋台湾ラーメン』実食

凄麺ご当地シリーズ13杯目はこちら

ヤマダイ「名古屋台湾ラーメン」

今回はどこかが監修などしているわけでもないタイプ。ヤマダイさん以外にも台湾ラーメンは色々なメーカーさんからも出てるので、ご当地ラーメンの中でもかなりメジャーな部類かと。

原材料表

鶏・豚ベースのスープにニンニク、豆板醤、コチュジャンなどの辛い調味料が入っています。

ふたを開けると

かやくと後入れ液体スープが入ってます。

台湾ラーメンの特徴であるニラとそぼろ肉がたっぷり。麺はかなり細いノンフライ麺。

お湯投入4分後、液体スープ注入。

醤油ベースのさらっとしたスープ。混ぜるとニンニクの香りと独特な香辛料の香りが漂います。

麺リフト

凄麺ご当地シリーズの中でひょっとして一番細い?中細タイプのご当地シリーズより細く感じたのは気のせいなのでしょうか。細いですがしっかりと食感もあり辛いスープがよく絡みます。

少したべずらいですが、しっかりと肉質のあるそぼろ肉がたっぷり。ニラとスープのニンニクのダブル効果で香りはかなり強烈。

辛さは今まで食べた凄麺ご当地シリーズの中で一番辛いラーメン。と言ってもこの台湾ラーメン以外辛い系は「仙台辛味噌ラーメン」「奈良天理スタミナラーメン」くらいでしたけどね。

奥さんはこの「台湾ラーメン」が凄く気になっており実食時にひとくち食べたのですが、辛さとクセの強さに「無理!」と二口目はありませんでした。

だってこのラーメン・・・

あなたの好きな

担々麺ちゃうで!!

と、心の中でつっこんでおきました。どうもそぼろ肉と少し辛そうな雰囲気で奥さんの大好きな担々麺と勘違いしてたようです。

 

スポンサーリンク

凄麺「名古屋台湾ラーメン」のカロリーや価格

カロリーですが

363キロカロリーです。辛いせいなのか少しカロリーは高め。

お値段ですが、定価210円(税込)です。期間や数量は限定になってはいません。

ネットでも購入可能ですよ。

凄麺「名古屋台湾ラーメン」の評価・まとめ

”ヤマダイの凄麺ご当地シリーズを全部食べる!”

13杯目『名古屋台湾ラーメン』の個人的評価ですが

評価|★★★

【評価内容】

★1つ:イマイチかも・・・。

★2つ:完成度高め!ご当地気分を味わえる味

★3つ:お店以上!?食べるべき一杯!!

※あくまで個人的評価です。

ほんと個人的評価になっちゃうのですが大好きな味なんですよね。

食べてると汗が噴き出てくるくらいの辛さと、スタミナのつきそうな突き抜けたニンニクの香り味わいが昔食べた台湾ラーメンの懐かしい味を思いださせてくれました。

少しスープに豆板醤やコチュジャンなどの独特なクセがあるのですが、それがまたいい・・・。また名古屋に行って食べてみたいという気持ちになりましたね。

フタの裏ばなしでは

個性的な食べものが多い名古屋めしについて書かれていました。もっと台湾ラーメンについて触れてもいいんじゃない???

辛いラーメンが好きな方にはおすすめな一杯なのでぜひ。

「凄麺ご当地シリーズ」14杯目に続く・・・

【関連記事】

”凄麺「和歌山中華そば」実食”

”凄麺「長崎ちゃんぽん」実食”

”凄麺「札幌濃厚味噌ラーメン」実食”

”凄麺「富山ブラック」実食”

”凄麺「函館塩ラーメン」実食”

”凄麺「佐野らーめん」実食”

”凄麺「横浜とんこつ家」実食”

”凄麺「横浜発祥サンマー麺」実食”

”凄麺「仙台辛味噌ラーメン」実食”

”凄麺「奈良天理スタミナラーメン」実食”

”凄麺「さいたま豆腐ラーメン」実食”

”凄麺「喜多方ラーメン」実食”

”ニュータッチ焼そばタイプ全種実食まとめ”