ヤマダイ凄麺「さいたま豆腐ラーメン」ご当地シリーズ食べてみた!

ヤマダイ凄麺「さいたま豆腐ラーメン」ご当地シリーズ食べてみた!

ヤマダイ凄麺ご当地シリーズ全種実食チャレンジ中の管理人です。

全21種類あるうちの11種類まで実食した地元スーパーのカップ麺特設コーナーで開催中の

凄麺まつり

十杯をコンプリートした時点でもういつ終わってもおかしくない雰囲気になってきちゃったよ!

今回実食する凄麺ご当地シリーズは埼玉のラーメンなのですが、管理人も聞いたことがない「豆腐ラーメン」というラーメン。

「なんで豆腐なん?」と疑問に思い調べてみると埼玉にはラーメンの有名店は多いようですが、ご当地ラーメンというラーメンはなく「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」という大会で過去2度優勝に輝いた「豆腐ラーメン」が埼玉のご当地ラーメンになったようです。

それにヤマダイさんが目をつけた感じでしょうかね。「豆腐ラーメン」の埼玉での知名度が気になるで・・・。

未知なる埼玉のご当地ラーメンはいかなるものか、食べてみたので紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

11杯目:ヤマダイ『凄麺 さいたま豆腐ラーメン』実食

凄麺ご当地シリーズ11杯目はこちら

ヤマダイ「さいたま豆腐ラーメン」

実際に埼玉でこの「さいたま豆腐ラーメン」を出されているお店の

「レストラン大手門」さんが監修しているそうです。さいたま豆腐ラーメンで検索するともう一店舗「幸楊」さんというお店も出てくるので、この二店舗が「さいたま豆腐ラーメン」の二大巨匠なんでしょうね。

原材料表

スープは醤油ベースのようです。かやくに豆腐が入っている以外、これといって特徴はなさそう。

ふたを開けると

後入れの粉末&液体スープ、かやくが入ってます。

中細のノンフライ麺。ごろっとした豆腐がたっぷり入ってます。

お湯投入4分後、粉末スープ投下。

豆腐のふわふわ感が半端ねぇ!崩さなように混ぜるととろみが出てきます。

液体スープを入れて完成。

麺リフト

濃いめのトロっとした醤油スープが麺によく絡みます。細くてもモチモチツルツルした麺がコクのある醤油スープとマッチしてうまい!

豆腐リフト

トロトロプルプルで箸でつまむと崩れてしまうほど柔らかい豆腐。お湯をかけるだけでこれほど豆腐の食感を味わえるとは・・・日本の調理技術ってほんとに凄いね。

味はなんというか、辛くない麻婆豆腐?というような味。でもあまりとろみ以外は中華っぽくはないのかな?とにかく不思議な味わい。麻婆麺といえばそうなのかも・・・。

白いご飯と合いそうな濃いめの味つけでした。むしろご飯ぶっこんでもいい味。ええ、ご飯なかったのでできなかったけどね!

 

スポンサーリンク

凄麺「さいたま豆腐ラーメン」のカロリーや価格

カロリーですが

330キロカロリーです。豆腐など具材もヘルシーでカロリーもそこまで高くないタイプ。

お値段ですが、定価210円(税抜)です。期間や数量などは限定となっていません。

ネットでも購入可能ですよ。

凄麺「さいたま豆腐ラーメン」の評価・まとめ

”ヤマダイの凄麺ご当地シリーズを全部食べる!”

11杯目『さいたま豆腐ラーメン』の個人的評価ですが

評価|★

【評価内容】

★1つ:イマイチかも・・・。

★2つ:完成度高め!ご当地気分を味わえる味

★3つ:お店以上!?食べるべき一杯!!

※あくまで個人的評価です。

カップ麺としてのクオリティーは十分すぎるくらい高く、とろみ好きにはたまらない味だと思います。個人的にも大好きな味。

ただご当地ラーメンとしてはパンチも弱く、これまた以前食べた「凄麺サンマー麺」同様、どこかの中華料理屋さんで食べれるような味なのではないかと思ってしまいました。

埼玉B級ご当地グルメ王で優勝したのは分かるのですが、何かこう埼玉っぽくないというかなんというか・・・。

今回のフタの裏ばなしでは

ご当地「さいたま豆腐ラーメン」について触れることなく、麺へのこだわりをアピール。もっと「さいたま豆腐ラーメン」について触れてあげて!!

今後もっと進化して埼玉に根ずくラーメンとなってほしいと思いました。

何度も言うけど、本当にカップ麺としてはかなり美味しくオススメなのでぜひ!とろみ万歳!!

「凄麺ご当地シリーズ」12杯目に続く・・・

【関連記事】

”凄麺「和歌山中華そば」実食”

”凄麺「長崎ちゃんぽん」実食”

”凄麺「札幌濃厚味噌ラーメン」実食”

”凄麺「富山ブラック」実食”

”凄麺「函館塩ラーメン」実食”

”凄麺「佐野らーめん」実食”

”凄麺「横浜とんこつ家」実食”

”凄麺「横浜発祥サンマー麺」実食”

”凄麺「仙台辛味噌ラーメン」実食”

”凄麺「奈良天理スタミナラーメン」実食”

”ニュータッチ焼そばタイプ全種実食まとめ”