ヤマダイ凄麺「仙台辛味噌ラーメン」ご当地シリーズ食べてみた!

ヤマダイ凄麺「仙台辛味噌ラーメン」ご当地シリーズ食べてみた!

ヤマダイさんの凄麺「ご当地シリーズ」を全種実食コンプリートしたい管理人です。

地元スーパーのカップ麺特設コーナーの

凄麺まつり

実は既に実食する前に在庫が無くなっているご当地シリーズも出始めました。なんで買ってなかった!俺!!とハゲしく後悔・・・。

しかし今年中には全種実食コンプリートしたいと思っております。

今回はラーメンより牛タンの方が有名だと思う「仙台」の凄麺ご当地シリーズ。失礼ですが仙台で有名なラーメンってまったく浮かんでこないんですけど!?

ヤマダイさんの作った仙台のご当地の味はどんな凄麺なのか食べてみました。

 

スポンサーリンク

九杯目:ヤマダイ『凄麺 仙台辛味噌ラーメン』実食

凄麺ご当地シリーズ九杯目はこちら

ヤマダイ「仙台辛味噌ラーメン」

味噌ラーメンが有名ではなさそうですが、フタに書かれている

「仙台味噌醤油(株)」というところの味噌を使用しているようです。味噌が特産品なんですね!おじさん知らなかったよ。

仙台のラーメンについて色々調べてみたら”仙台=辛味噌ラーメン”という風潮があるんだとか。またひとつラーメン知識を吸収できたね。

原材料表

ニンニク、ショウガなどがスープに入ってます。かやくは恒例のレトルトモヤシですね。この味噌ラーメンにお肉は入っていないようです。

ふたをあけると

液体スープ、かやく、そしてレトルトモヤシ、以前食べた「札幌濃厚味噌ラーメン」とほぼ同じ。コーンが入ってるか入ってないかくらいしか違いないかと。麺は太麺のノンフライ。

お湯投入4分後、液体スープ注入。

辛味噌ということなので唐辛子などが入っているのか、赤い油が混ぜると広がります。別に温めておいたモヤシを投下して完成。

いつみてもフレッシュモヤシはいいもんだ。

麺リフト

モチモチした食べ応えのある太麺が味噌スープによく絡みます。毎回思うけどホンマに凄麺って美味しいよね!

モヤシリフト

カップ麺とは思えないシャキシャキした食感。まるで生モヤシ。あ、モヤシはレトルトやったわ。

前回の「サンマー麺」のフタの裏ばなしで知った「レトルト具材の汁は捨てた方がいい」というアドバイスを完全に忘れておじさん今回も豪快に汁ごとモヤシ入れちゃったよ。よいこのみんなは気をつけてくれよな!

辛さは本当にピリ辛って感じで味噌スープにバッチリあってますよ!

「札幌濃厚味噌ラーメン」よりこっちの方が味噌味が濃いような気がするのは気のせい?レトルトモヤシの汁も入れちゃったけど薄くはなりませんでした。

 

スポンサーリンク

凄麺「仙台辛味噌ラーメン」のカロリーや価格

カロリーですが

362キロカロリーです。味噌なのでもっと高めかと思ったのですが意外と低め。

お値段ですが、定価210円(税抜)です。期間や数量は限定とはなっていません。

ネットでも購入可能ですよ。

凄麺「仙台辛味噌ラーメン」の評価・まとめ

”ヤマダイの凄麺ご当地シリーズを全部食べる!”

九杯目『仙台辛味噌ラーメン』の個人的評価ですが

評価|★★

【評価内容】

★1つ:イマイチかも・・・。

★2つ:完成度高め!ご当地気分を味わえる味

★3つ:お店以上!?食べるべき一杯!!

※あくまで個人的評価です。

個人的に凄く好みの味噌ラーメンでした。ほどよい辛みがクセになる濃厚な味。

過去に食べた「札幌濃厚味噌ラーメン」の時は若干スープの味が薄く感じたのですが、こちら仙台の方はしっかりと濃厚な感じでした。使われている味噌の種類も仙台の味噌を使われているので仙台の味噌の方が自分に合うってことなんでしょうかね。(あくまで個人の感想です)

味噌ラーメン好きにオススメな一杯となっています。

今回のフタの裏ばなしでは

味噌についてのうんちくが書かれてました。ご当地によってはラーメンから離れたことを多々書いている場合もあるようです。「辛口の赤味噌」がめっちゃ気になるで!

「凄麺ご当地シリーズ」十杯目に続く・・・

【関連記事】

”凄麺「和歌山中華そば」実食”

”凄麺「長崎ちゃんぽん」実食”

”凄麺「札幌濃厚味噌ラーメン」実食”

”凄麺「富山ブラック」実食”

”凄麺「函館塩ラーメン」実食”

”凄麺「佐野らーめん」実食”

”凄麺「横浜とんこつ家」実食”

”凄麺「横浜発祥サンマー麺」実食”

”ニュータッチ焼そばタイプ全種実食まとめ”