ヤマダイ凄麺「函館塩ラーメン」ご当地シリーズを食べてみた!

ヤマダイ凄麺「函館塩ラーメン」ご当地シリーズを食べてみた!

ヤマダイさんのご当地シリーズを全部食べたい管理人です。

地元スーパーのカップ麺特設コーナーにある

『凄麺まつり』

まだまだ開催中でした。

結構なペースでお店の在庫が無くなってきてるような気がするんですけどっ!!しかも毎回購入するときに、どこのご当地麺にするか悩むし・・・。

前回は「富山ブラック」という濃いめのご当地ラーメンだったので四杯目となる今回は、あっさりした塩系を攻めてみました。

ラーメンの種類の中では難しいごまかしの効かない味

「塩味」

ヤマダイさんのご当地塩ラーメンはどのような完成度なのか、食べてみたので紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

四杯目:ヤマダイ『凄麺 函館塩ラーメン』実食

凄麺ご当地シリーズ四杯目はこちら

ヤマダイ『凄麺 函館塩ラーメン』

味噌の次は北海道の塩にチャレンジ。かやくに麩が入っているのが特徴的な塩ラーメンですね。

背脂と魚介系を合わせた

「スッキリしたスープ」と書いてますが、動物系と魚介系を合わすのはなかなか難しいかと思います。

原材料表

豚・鶏などにに昆布やホタテ・イカなどの魚介系の旨味をプラスしているようですね。

フタを開けると

一枚物のチャーシューやメンマは先入れで麩やネギは「後入れかやく」となっており、あとは液体スープが入ってます。麺はノンフライの中細タイプ。

お湯投入4分後、液体スープ注入。

少し画像が悪いですが、茶色っぽいタレです。塩ラーメンなのでもっとさらっとしたイメージでしたが、意外と濃そうな感じのタレです。

混ぜて後入れかやくを投下。

麩が予想以上に立派でした。ラーメンに麩とか意外な組み合わせやで!函館のラーメンには麩がよく入るのでしょうか?

麺リフト

生麺に負けてないハイクオリティーな麺。今回もモチモチ、ツルツルした食感が楽しめる素晴らしい麺、さすが凄麺。

黄金色に輝くスープ。

背脂を使用しているようですが臭みもなく、ホタテなど魚介系の旨味もしっかり効いており、バランスよく動物系の旨味とマッチして、あっさりの中にもコクがあるスープになっています。

うまいスープを吸ったプルプルの麩がたまりませんな。具材としての食べ応えもあるのでこれはアリかも。

とても飲みやすいスープで完飲しそになっちゃったよ。塩分取り過ぎになるし夜中なので残念ながら我慢しましたよ・・・。

 

スポンサーリンク

凄麺「函館塩ラーメン」のカロリーや価格

カロリーですが

358キロカロリーです。色は薄いけどカロリーは低くないです。

お値段ですが、定価210円(税抜)です。期間や数量は限定にはなっていません。

ネットでも購入可能ですよ。

凄麺「函館塩ラーメン」の評価・まとめ

”ヤマダイの凄麺ご当地シリーズを全部食べる!”

四杯目『函館塩ラーメン』の個人的評価ですが

評価|★★

【評価内容】

★1つ:イマイチかも・・・。

★2つ:完成度高め!ご当地気分を味わえる味

★3つ:お店以上!?食べるべき一杯!!

※あくまで個人的評価です。

醤油や味噌などと比べ味の調整が難しい塩ラーメンですが、この「函館塩ラーメン」カップ麺にしては非常に美味しい塩ラーメンとなってました。塩ラーメン好きにおすすめですよ!

まだまだラーメンの勉強不足で知らなかったのですが、調べてみると函館は塩ラーメンの聖地なんですね。もちろん醤油や味噌ラーメンもありますが圧倒的に塩ラーメンの名店が多いようです。死ぬまでに一度は行きたい所やで・・・。

フタの裏ばなしにもスープへのこだわりが書かれてますよ!

お肉と野菜と魚介のハーモニー、素敵やん。

きっと函館の有名店をたくさん巡って完成した「函館塩ラーメン」だと思うので、ぜひ味わってみてほしい一杯。

「凄麺ご当地シリーズ」五杯目に続く・・・

【関連記事】

”凄麺「和歌山中華そば」実食”

”凄麺「長崎ちゃんぽん」実食”

”凄麺「札幌濃厚味噌ラーメン」実食”

”凄麺「富山ブラック」実食”

”ニュータッチ焼そばタイプ全種実食まとめ”