ヤマダイ凄麺「札幌濃厚味噌ラーメン」ご当地シリーズを食べてみた!

ヤマダイ凄麺「札幌濃厚味噌ラーメン」ご当地シリーズを食べてみた!

今まで300種類以上のカップ麺を食べてきた管理人です。

地元スーパーで設置された特設コーナー

『凄麺まつり』

や、やべえよ!ご当地シリーズ山積みやで!!

全20種類の「凄麺ご当地シリーズ」を全種実食コンプリートしたいという野望を達成するために、今回も凄麺ご当地カップ麺を買ってきましたよ!

「凄麺まつり」二杯目を食べてみたので紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

二杯目:ヤマダイ凄麺『札幌濃厚味噌ラーメン』実食

凄麺ご当地シリーズ、実食2杯目はこちら

ヤマダイ『凄麺札幌濃厚味噌ラーメン』

札幌ラーメンと言えば味噌。個人的にも大好きな味噌ラーメンを二杯目にチョイスしました。

札幌には味噌ラーメンの有名店が多く「彩未(さいみ)」や、セブンイレブンでカップ麺化されている「すみれ」の本店など味噌ラーメンの聖地と言っても過言ではないくらい。

原材料表

味噌はフタにも書いてましたが北海道産の味噌使用。かやくにはモヤシやコーンなど味噌ラーメン定番の物が使われています。

フタをあけると

少し色が濃く太目のノンフライ麺と後入れ液体スープ、かやく、そして驚いたのが

真空パックされた生タイプのもやしとニンジンが!これはシャキシャキした食感を楽しむためのこだわりでしょうな!

そのままカップ麺に入れては、こだわりに対して失礼なので

鍋で別に温めたよー!!

ちょっとでも美味しく食べる為の努力は惜しみませんよぉ~。

お湯投入5分後、液体スープ注入。

さすがに味噌ベースなのでドロっとした感じの液体スープ。混ぜると味噌のいい香りが漂います。そして温めていたフレッシュもやしを投下。

うん、乾燥してるタイプのもやしと違い明らかに美味そうやで。

麺リフト

色・艶・ちぢれ具合、まるでお店の麺のような見ため。食べてみるとコシがしっかりあり食べ応えのあるカップ麺の麺とは思えないクオリティー。

もやしもフレッシュタイプなので、シャキシャキして食感は最高。スープの味噌の味や香りはよいものの、思ったよりあっさりというか味は薄め。

麺と具材のクオリティーが半端ないね!

その辺のラーメン屋さんの味噌ラーメンに負けてない味。これは味噌ラーメン好きな自分としてはリピ確定やな。

 

スポンサーリンク

凄麺「札幌濃厚味噌ラーメン」のカロリーや価格

カロリーですが

425キロカロリーです。麺、かやくのもやし、味噌など入ってる物を考えると少しカロリーは高めかもしれません。

お値段ですが、定価210円(税抜)です。期間や数量は限定ではありません。ヤマダイさんの中でも価格は高めのシリーズですが、このクオリティーを考えると納得のお値段ではないかと思います。

ネットでも購入可能ですよ。

凄麺「札幌濃厚味噌ラーメン」の評価・まとめ

”ヤマダイの凄麺ご当地シリーズを全部食べる!”

二杯目『札幌濃厚味噌ラーメン』の個人的評価ですが

評価|★★

【評価内容】

★1つ:イマイチかも・・・。

★2つ:完成度高め!ご当地気分を味わえる味

★3つ:お店以上!?食べるべき一杯!!

※あくまで個人的評価です。

個人的に味噌ラーメンが大好きなので、北海道の味噌を使ったこの凄麺は好みの味ではありました。ただ名前にも書いてある「濃厚」という部分ではちょっと弱いというか、味は薄いような気がします。

濃厚というよりは上品な感じで非常に食べやすい味噌ラーメンではないでしょうか。

もう少しクセというか、コクのある感じだともっと美味いと思うんですよね。麺とかやくのレベルの高さにスープがちょっと負けた感じかな。

フタの裏には味噌ラーメンに関する歴史が語られていていました。

味噌ラーメンはお客さんの一声で生まれたラーメンなんですね!

インスタントの味噌ラーメンとしてはかなりクオリティーが高いと思うので、味噌ラーメンが好きな方はぜひお試しください。

「凄麺ご当地シリーズ」三杯目に続く・・・

【関連記事】

”凄麺「和歌山中華そば」実食”

”凄麺「長崎ちゃんぽん」実食”

”凄麺「富山ブラック」実食”

”凄麺「函館塩ラーメン」実食”

”ニュータッチ焼そばタイプ全種実食まとめ”