リトルカブ4速セル付きのチェーンとフロントスプロケットを自分で交換してみたぞ!

リトルカブ4速セル付きのチェーンとフロントスプロケットを自分で交換してみたぞ!

毎日通勤は単車の管理人です。

そんな通勤で使っている愛車のリトルカブ(4速セル付き)のチェーンがね、ヤバいくらいダルダルに伸びて走る度にガラガラと音を立て騒音を巻き散らかしてたんですよね。

毎日の通勤が恥ずかしかった・・・。

リトルカブを買って数カ月もしないうちにたるみだし、チェーンとチェーンカバーが触れて音を出したのでリトルカブを買った単車屋さんに持っていき、修理の相談をすると「修理費は15000~20000円くらいかな」と言われたんですよね。

※修理費はあくまで管理人が聞いた単車屋さんの価格です。他のお店はご自身でご確認ください。

お小遣いの少ないお父さんには手痛い出費・・・奥さんに相談してもすぐもらえる金額じゃないし・・・。

で、色々と調べたらリトルカブを自分でメンテナンスしている方がたくさんおり、チェーン交換を解説している動画やブログもたくさんありました。

そういうの見たら

自分で出来るんじゃね?

と思ったので自分でメンテナンスすることにしました。その時の様子や交換する際のポイントなど自分なりにまとめてみました。

バイクメンテナンスは命に係わることなので、できれば専門店で行うことをお勧めします。個人でメンテナンスを行い事故や故障等が起こった場合は全て自己責任だということをご理解ください。

※この記事の内容はあくまで個人で部品交換を行う際の参考としていただくもので、バイクの個人メンテナンスを推奨するものではありません。予めご了承ください。

 

スポンサーリンク

用意したチェーンやスプロケットの種類や価格

今回交換するのは前側のスプロケットとチェーンを交換します。

スプロケットってこんなヤツ。

エンジン側(前側)のチェーンのかかるギアのような部品をドライブスプロケットといい、後輪についている方をドリブンスプロケットと言います。

このスプロケットが摩耗しているとチェーンの伸びる原因になったり、故障の原因となります。なので前も後ろもスプロケットを交換したかったのですが、予算の関係で前側のドライブスプロケットのみ交換しました。(本来は両方交換するのが望ましいと思われます)

リトルカブのフロントスプロケットの標準歯数は14なのですが、1速や4速の特性を強化するために歯数が15の物や16の物をバイクに詳しい方は使用しているようです。

今回、管理人が購入したのはこちら。

歯数を変えようと思ったのですが、とりあえず標準で試してみようと思いこれにしました。

歯数が15や16の物もありますよ。

お値段ですが大体900円~1500円くらいかと。あまり安い物だと材質が悪く、劣化するのが早そうなので国産で品質のよさそうな物をチョイスしました。

ちなみに後輪のドリブンスプロケットも1500円~2000円前後で販売されています。

スプロケットの歯数を変えたらどうなるのかは今回は省略。気になる方はググってみてくださいね。

チェーンはこちらを用意。

本当は国産品にしようと思ったのですが、とりあえず安くてレビューの評価の高いこちらを選びました。大体チェーンも1000円~2000くらいまでで購入可能です。

値段は少しだけ高めですがメンテナンスに詳しそうな方達はこちらを使っているようです。

こちらは国内メーカー品なので品質は間違いないかと。チェーンもスプロケットも消耗品なので次回交換時はこの国内メーカのチェーンを購入しようと思います。

【注意】チェーンは車種によって上記のサイズでは合わない場合があります。自分の使用している車種に合うサイズの物を購入してください。(リトルカブ4速セル付きは上記で紹介しているチェーンで合うのでカットすることはありませんでした)

リトルカブのチェーン交換

今回のリトルカブのチェーン交換の為に用意した工具です。

スパナは10~24サイズの物が必要。かなり固いボルトやナットが多いので本当はメガネスパナがおすすめです。あとチェーンのつなぎ目のクリップをはずすのにラジオペンチは必要。

スプレータイプの

グリースも用意しました。画像のグリーススプレーはホームセンターで300円ほどで購入。

できればラチェット式のボックスレンチのセットも用意したいところ。各段に作業効率が上がるしネジを潰してしまうリスクが下がります。

プライヤーやモンキースパナは保険で用意しましたが使いませんでした!

※ここで紹介してるリトルカブ以外の場合はチェーンカッターも必要かもしれません。

今回はまだチェーンの調整ナットでチェーンの張りを調整できるくらいの伸びでしたが、少し前に単車屋さんで見てもらって調整したにも関わらず、短い期間でまた伸びたのでチェーン交換に踏み切りました。

調整で治す⇒すぐチェーン伸びるの繰り返しだったのよね・・・。

赤丸の部分のボルトをゆるめて、チェーンの張りを調整します。チェーン交換時も先にここをゆるめておきます。

左の丸印の大きなナットの根本に目盛りがついているんですが、タイヤ位置が目盛り右側に振り切ってもチェーンが伸びている場合は限界なのでチェーン交換しましょう。

チェーンカバーをはずします。

丸印部分の4か所のボルトをはずします。赤い印の箇所のボルトはフレームの上から止めるようになっているので、この1本だけ長さが違います。取り付け時に注意してください。

ネジをはずして横に抜くようにはずします。

油とチェーンのすれた鉄粉などでかなり汚れてました・・・。まだカバーの底に穴が開いてなかったのが救いでした。

カバーをとったあとはドライブスプロケットも交換するのでのドライブスプロケットカバーと、シフトレバーをはずします。

印の部品2か所をはずすのに、ステップが邪魔になるのでステップもはずしますよ!

印部分のネジとドライブスプロケットカバーのネジをはずすのにステップが邪魔!

ステップは下からネジ4本で固定されています。

印はステップを固定してるネジ。横にならないとはずしにくいかも!体が汚れないように床にシートなどひくのと、手袋は必須です。

管理人はステップと一緒になっているカバーをはずすのに泥除けカバーのネジをはずしましたが

外さなくてもそのままステップは4本ネジをはずしただけで下に降りたかもしれません。

画像のようにステップをはずすことにより、シフトレバーとスプロケットカバーのネジをはずしやすくなります。

はずれたシフトレバー

一度事故にあい、その時交換しているのでほぼ新品です。

フロントスプロケットカバーをはずします。

もっと早く交換しとけばよかったと後悔するほど汚れが・・・。スプロケットの歯もかなり摩耗してますね!そりゃチェーンもおかしくなるよね、強く反省。

先にチェーンをはずします。チェーンはつなぎ目をクリップで固定されています。

ちょっとサビサビで見にくいですが、ペンチの先の丸印部分がチェーンのつなぎ目です。薄い板状のクリップでピンを固定しているので、ラジオペンチでピンとクリップの端をつまみクリップをはずします。

はずしたチェーンの写真。

画像の下の方にあるのがクリップです。チェーンがはずれたので先にフロントスプロケットを交換します。

フロントスプロケットの削れ具合がやばい・・・。

粉塵と油が混じった汚れが凄く、掃除するの大変でした。カブをお持ちの方は自分のカブちゃんみたいになる前にメンテナンスを・・・。丸印の2か所のネジをはずすとフロントスプロケットは取りはずせます。

リアのドリブンスプロケット画像。

これも近々交換必要やな!後ろの方が交換難しそうやけど・・・。

先で紹介したキタコさんのフロントスプロケットに交換します。

新品はやっぱり違うな、うん。

仮の取り付け完了。

プレートとスプロケットの穴が少しだけ合いにくいので注意。

ネジしめする際にギアがニュートラルのままでは回転してスプロケットのネジをゆるめにくいので、シフトレバーをはめてギアチェンジする(1速に入れる)とスプロケットは回らなくなりネジをゆるめやすくなります。

この時、謎のプラスチック片がカバーから落ちてきたので、スプロケット付近を確認すると、チェーンとフレームの干渉を防ぐため?の樹脂のパーツがあるのですが・・・

真ん中の黒くなってるやつね。これチェーンがたるんで当たり過ぎてて擦り切れてました!向きを逆にしてとりあえず付けときましたが要交換ですね。こんなの売ってるか不安・・・。

フロントスプロケットを取り付けたらチェーンを取り付けます。

新品のチェーンもつなぎ目でつながっているので、印の部分のクリップをペンチではずしスプロケットに新品チェーンをかけてつなぎ目をクリップで元通り止めます。

クリップには向きがあり

矢印の方向にチェーンは回転するので、つなぎ目のクリップの割れ目を回転方向の逆にくるようにクリップをはめ込みます。これでチェーンの交換は終了!

チェーン交換については「とま」さんという方のブログがとても参考になりますよ!

ブログはこちら>>「リトルカブFI4速セル付きのチェーン交換」

とまさんはチェーン以外のリトルカブカスタマイズも行っていて、解説がとてもわかりやすいのでぜひご覧ください!

 

チェーンが交換できたら、フロントスプロケットのネジを本締めします。

本締めするときはスプロケットが回ってしまうのでチェーンを取り付けてから、フットブレーキを踏んでタイヤを回らないようにすると本締めできます。

※本当はトルクレンチという道具を用いてスプロケットは規定の力でネジを絞めないといけないそうです。もしお持ちの場合は調べてトルクレンチで絞めることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

スプロケットのネジしめが終わったらカバー類を元通り取りつけます。

とりつけたらチェーンのテンションを調整します。

赤い印のナットを回し、チェーンのテンションを調整します。ゆるめれば張りがゆるくなり、しめればチェーンを張っていく感じです。

張りを調整したらタイヤ逆側の目盛りを同じ位置になるよう反対側にもある

赤の印のナットを回し青の印の目盛りを逆側と同じ位置にして

青印のナットを奥側から2か所絞めて固定します。このとき逆側のナットは回らないようにスパナをかけておさえておきます。

チェーンの張り具合はカバーの点検窓のチェーンのたるみ量が

点検窓の直径であれば大丈夫のようです。ドライバーなどでチェーンを持ち上げたり、下げたりして確認しましょう。タイヤを回転させてみてチェーンが点検窓のセンターを動く位に調整すればいいかと思います。

※不安な場合は近くの単車屋さんに持っていき、チェーンの張り具合を確認してもらうのがよいかもしれません。

これでフロントスプロケットとチェーン交換は終了!

最後は汚れまくりのリトルカブちゃんをきれいきれいしてあげました。そういえば点検窓のキャップが台風のせい?なのか無くなってたわ!南海部品にあるかな・・・。

リトルカブのスプロケットとチェーン交換まとめ

今回初めてリトルカブのフロントスプロケットとチェーンを交換してみたのですが、思ってた以上に簡単でした。整備の仕方を解説したブログや動画を参考にすると誰でもできると思います。

整備後、テスト走行してみたのですが・・・

最高にスムーズ!!

もうね、走行してる時の音というか体に伝わってくる振動が軽いんですよね!今までどれだけ異音を発しながら走っていたかと思うと恥ずかし過ぎる・・・。

まだ整備後、2日ほど通勤にしか乗っていないのでなんとも言えませんが、点検窓から見るチェーンにたるみや大きいブレはありません。もう少し様子を見てどうなったかなどは随時、こちらに報告したいと思います。

とにかく手頃なお値段でチェーンとスプロケットを交換でき、リトルカブをメンテナンスできたので大満足でした。単車のチェーンの異音やスプロケットの摩耗が気になる方は、早めにメンテナンスすることをおすすめします。

以上、リトルカブのチェーンとフロントスプロケット交換についてでした。

これまで通勤途中で洪水で水に浸かってエンジンが止まっても、事故にあっても壊れずに毎日職場まで自分を運んでくれるリトルカブに感謝!改めて大事にしようと思ったのでした・・・。

【関連記事】

”和歌山城で開催されたカブ主総会に行ってみた”