和歌山プラモデル合同展示会2018に行ってみたので紹介するよ!

和歌山プラモデル合同展示会2018に行ってみたので紹介するよ!

子供のころは「ガンプラ」にハマった管理人です。

Twitterでこんなイベントあるって知ったんで行ってきました!

『和歌山プラモデル合同展示会2018』

公式ブログ様いわく、和歌山の大きな模型サークルの展示会は春と秋にあるのですが、通常サークルなどに所属していないと展示する機会がないんだとか。

なので模型サークルなどに所属しなくてもプラモデルを展示できる場を作りたいということで、夏にこの「和歌山プラモデル合同展示会」を開催するようになったそうです。しかも好評で毎年夏恒例になり今年でなんと8回目を開催!

そんな和歌山のプラモデルファン必見の模型展を見学してきたので紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

和歌山プラモデル合同展示会にいってきたぞ!

まずこの「和歌山プラモデル合同展示会」の会場なのですが、和歌山市内にある「河南コミュニティーセンター」で毎年開催されています。

「河南コミュニティーセンター」

和歌山市の高積中学校横の信号を曲がってすぐの所にあります。

また来年も開催されると思うのでマップを載せておきますね。

センターには結構な台数を停める駐車場(無料)があるのですが、展示会初日は時間帯によって満車になる時もあるそうです。

会場はセンターの二階で開催されていました。

入ると受付でお知らせなどを送ってもらえる記帳をします。写真撮影していいか確認したところ大丈夫とのことでした。

記帳後、展示されている模型を順番にみながらまわっていきましたよ~!

いきなりカラフルな初音ミクちゃんがお出迎え。

ミクちゃんの奥には

渋いバイクの模型が!ジャンルなどは特に同じものを並べてるわけではなく、出展者様ごとに置いているようです。

パーツごとに展示しているところもあって完成する前の姿もみれました。

ジオラマなども結構あって

めちゃめちゃ完成度高い作品が大量に展示されており思わず見入ってしまうほど。(管理人の撮影ヘタですみません・・・)

かわいい電車が走るジオラマもあり

横にあるコントローラーでスピードを調整可能でした。

動いてる様子はこちら

説明書きに脱線しやすいようなことを書いてたのでスピードマックスにする勇気がでませんでした。

展示場の真ん中にあたりにあったオリジナル造形の作品が凄く印象的でしたよ!

凄くファンタジーな感じとメカニカルな感じが融合した作品。

家にあるものなどを使って作られている作品でした!どうやって作ってるんだろう?と、見入ってしまいました。

管理人の好きな戦車や戦闘機も素晴らしい作品が多かったです。

ちょっと戦車のプラモデルほしなってきたわ!

他にも戦車系が結構多いなとよくみたら

ガルパンやったわ!ガルパンの戦車の模型も意外とリアルなのね。

管理人が子供の頃もよく見かけた「デコトラ」のプラモデル。今でもあるのね!

デコトラを見ていくと、徐々に普通のトラックになって

あれ?ジオラマみたいになってきたぞ?と、次のトラックをみたら・・・

市場の発送場みたいなジオラマになっててワロた!!マグロの模型とかもあって超リアル。

プロモデラーになる子がいるかもしれないキッズコーナー。

最近のプラモデルのクオリティーは高いとはいえ、しっかり作りこまれているキッズ作品。うちの息子氏も工作とか好きなので今度買ってあげようかな。

個人的に超懐かしいコーナー!これぞ「ガンプラ」て感じです。

ガンキャノンとかゲルググとか、一番奥はギャンですな!

さらには

ゴックやアッグガイなど初期ガンダムの懐かしい顔ぶれが並んでました。

このあたりのガンダムになると(ガンダムかな?)もうおじさんわかんない・・・。とにかく、どのプラモデルも圧巻の出来栄え!

感想・まとめ

どれも繊細で細かく作られたプラモデルばかりで時間を忘れてみてしまいました!生まれて初めてプラモデルの展示会に行きましたが、おっちゃん

感動した。

おじさんになってプラモとか作らなくなったけど、またほしくなってきたかも!

毎年恒例となっているようなので、また来年も開催されるなら伺いたいと思います。和歌山のプラモデル好きな方もぜひ来年行ってみてはいかがでしょうか。

簡単ではありますが「和歌山プラモデル合同展示会」のリポートでした。

和歌山模型展公式ブログはこちら>>「プラモデル合同展示会」

【関連記事】

”カブ主総会IN和歌山城に行ってきた”

”和歌山城の忍者合戦SHINOBIに参戦!”

”梅干しの種飛ばし大会に参加してきたよ!”

”廃校のお化け屋敷2017に行ってみた”