和歌山市まるきの中華そば実食レビュー!深夜のラーメン屋巡り

和歌山市まるきの中華そば実食レビュー!深夜のラーメン屋巡り

深夜のラーメン屋巡り16杯目

深夜のラーメンは禁断の味。管理人の居酒屋店長です。

今回の「深夜のラーメン屋巡り」16杯目は和歌山市和歌浦にある中華そば屋

中華そば『まるき(〇木)』さんに突撃して参りました。

以前、まるきさんには一度深夜ラーメン巡り隊の同僚と来たのですが、時間が遅すぎた為に間に合わなかったお店なんですよ。

久々に前回「まるとら」さんに夜ラー巡りをして完全に火がついた同僚と連日のラーメン実食となりましたが、再訪リベンジして参りました。

店内はかなり綺麗で、清潔感があり

広くカウンタータイプの席が7席ほどと、8人がけのテーブルが2つと4人がけのテーブルが1つあり、27席ほどありかなり広い感じでした。深夜0時になろうとする頃でしたが、次から次にお客さんが入ってきて人気店なのが伺えます。

 

スポンサーリンク

 

まるき(〇木)のメニューは?

「まるき」さんのメニューですが

なんとメニューはこれだけです。メインは『中華そば』オンリー。他の店にはある大盛やチャーシュー麺なども一切ありません。中華そばのみ!しかも600円て、かなりお値段が安い!以前は500円だったそうです。

和歌山のラーメン屋マストアイテムの茹でたまごとサバ寿司だけは置いてますが、餃子などのサイドもありません。残念ながらこの日サバ寿司は売り切れ。ドリンクも車でしかいけないような所なのでアルコール類も一切なし。

まるき(〇木)の中華そば実食

さっそく中華そばを注文して、数分後着丼。

『中華そば』

和歌山ラーメンでも「車庫前系」と呼ばれるタイプの豚骨醤油ラーメン。こってりではなくあっさりなタイプ。豚骨ベースなのに、この透明感。醤油の香りがたまらないですよ。

スープはすっきりした味わいの中にも旨味がたっぷり

「まるき」さんのスープは他の車庫前系のお店と見た目はかわらないのですが

あまり脂が濃くなく、醤油の味もスープの色ほどキツくないです。どちらかというとマイルドな感じで飲んだ後に酸味を感じるちょっと独特なスープでした。

麺は和歌山ラーメンにしては太目

麺リフト

麺は和歌山ラーメンにしては少し太目。茹で加減はやわらかめでした。堅さの調整はしてもらえるのかは不明です。

チャーシューは脂身が少なくさっぱり

車庫前系は脂身少なめのチャーシューが定番なのか

こちらの「まるき」さんでも脂身の少ないチャーシューでした。

豚ロースかモモ肉のどちらかだと思います。味は濃くなくスープ同様にかなりあっさり。このお値段でこのチャーシューは素晴らしいですよね。メンマもやわらかく、味もスープに合う濃すぎない味付け。

スープをグイグイ飲んじゃうほど、クセになる味わいでしたが同僚のラーメン魂に火が点き、二件目に行くことが決定したので完飲は控えました。

 

スポンサーリンク

 

お店データ&マップ

『中華そば まるき(〇木)』

住所|和歌山県和歌山市和歌浦南1-1-3

TEL|073-447-9557

営業時間|17:00~翌1:00

定休日|月曜日

駐車場|有り

席|約27席

JR紀勢本線(きのくに線)の紀三井寺駅西口から徒歩約30分、紀三井寺駅から約2㎞とかなり駅からは遠いです。

 

まとめ:シャープな旨味がつまった「車庫前系」

中華そばのみというこだわりのお店。ブレることのない営業方法に中華そば愛を感じます。

過去に何店舗か車庫前系の和歌山ラーメンを食べましたが、もっともあっさりというか、マイルドな感じでした。大盛やチャーシュー麺などが無いのでガッツリ食べたい方には不向きかな・・・。そのあっさりさは完全に飲みのシメ向き。

場所も市内からかなり遠くアクセスも悪いので、完全に地元密着型の中華そば屋さんかと。しかも夜営業のみ。ちょっと使い勝手はわるいですが、機会があれば食べてほしい和歌山を代表する一杯かと思います。

【深夜のラーメン屋巡り関連記事】

”和歌山深夜営業ラーメン屋まとめ”

”15杯目、中華そば まるとら”

”14杯目、天麺

”13杯目、中華そば時三

”12杯目、台湾まぜそばうさぎ

”11杯目、ラーメンひまわり

”10杯目、本家アロチ丸高中華そば

”9杯目、丸田屋ぶらくり丁店

”8杯目、サッポロのみそラーメン

”7杯目、中華そば味丸県体前

”6杯目、和歌山市ラーメンイ(まるい)

”5杯目、和歌山市斗天王ラーメン

”4杯目、和歌山市味(あじ)中華そば

”3杯目、和歌山市丸平(まるひら)中華そば

”2杯目、和歌山市まるやま中華そば

”1杯目。和歌山市まる亀のスタミナラーメン

”0杯目、和歌山市傾いたラーメン屋まる豊

行く前の参考になれば幸いです。