和歌山市ラーメンひまわり実食レビュー深夜のラーメン屋巡り

和歌山市ラーメンひまわり実食レビュー深夜のラーメン屋巡り

深夜のラーメン屋巡り11杯目

深夜に食べるラーメンは禁断の味、管理人の居酒屋店長です。

先日、仕事終わりに仕事仲間とご飯を食べに行くことになり、遅くまで営業しているお店ということでこちらのラーメン屋(?)

『ラーメン ひまわり』に突撃して参りました。

こちら「ひまわり」さんは朝までやっているお店として地元和歌山では知られており、ラーメンだけでなく居酒屋さんのようなお酒のつまみなどのメニューも豊富で、使い勝手がいいお店で地元でしっている方も多いお店。

管理人もこのブログをはじめる以前に何度が行ったことがあり、味はともかく何を食べてもとにかく量が多かった記憶があります。

ひまわりさんは豚骨醤油スープの和歌山ラーメンを出すお店ではなく、オリジナルの『男の肉そば』というラーメンやカレーラーメンなど、ちょっと独特な創作ラーメンがメインのラーメン屋さんです。

久々の深夜ラーメン、胃袋フィールド全開で食べてきたのでご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ラーメンひまわり「イカカツカレーラーメン」実食

ひまわりさんの場所ですが、JR和歌山駅からは少し離れており、過去何度かご紹介した和歌山市で最も大きい飲み屋街アロチからも少し離れております。ひまわりさんの近くには以前、ご紹介した人気和歌山ラーメン店「丸田屋」さんがすぐ近くにあります。

 


徒歩3分ほどの距離なのでラーメンを2軒コンボすることも可能w

ひまわりさんのお店に入店。入ってすぐ右手にカウンター席が7席とカウンターを背に座敷席があるんですがこちらはこの日使われていなかったので広さなどは未確認です。

画像はカウンターから見えるキッチン内部。色々な物があり年季の入ったキッチン。

メニューを見ると以前来たときにはなかったラーメンメニューが増えてるような気がします。

一番の「ひまわりオススメ」は

黒豚を使用した「男の肉そば」780円なんでしょうが、管理人はメニュー見て一瞬で心奪われた

「イカカツカレーラーメン」1500円に決定。ラーメンに1500円はちょっと高いが久々の深夜ラーメンなので奮発しました。なんとこのカレーラーメン辛さが4段階あり

辛口⇒激辛⇒地獄級⇒あの世の素

4段階の辛さを選べるそうなんで、注文時にマスターにいえば好みの辛さで作ってもらえます。今回は初チャレンジということで周りの「地獄級!」とかいう声は無視して一番ノーマルな辛さで頂くことにしました。

メニューは本当に豊富で

『ビールセット』(1500円)みたいな酒のあて的メニューやどんぶりやオムライスなどのご飯物など「今日はラーメンじゃないんよな」て時でも使いやすいメニュー構成でした。

上司と同僚は完全飲みモードだったので

二人で『ビールセット』1500円を注文し飲みまくってました。キムチ・サラダ・枝豆・冷奴・唐揚げ&ポテトで1500円。キムチが辛くてうまかった以外は普通でしたwww

先にもう一人の仕事仲間が注文したラーメンが着丼。

「ひまわりラーメン」(1000円)これを見て量の多さは相変わらずなのを再確認できましたw

あっさりしたお味で野菜もたっぷり。女子が食べるには量が多く途中で完全に食べるの止まってたわ!

続けて管理人が注文したラーメンが着丼!

「イカカツカレーラーメン」(1500円)こちらも半端ないボリュームでインパクト抜群。目玉焼きの横に並んでるのはイカフライです。ネーミングの由来は「いかつい(ごつい)ラーメン」だそうです。

麺リフト

太目のちゃんぽん麺のような麺です。おそらく「男の肉そば」と同じ麺ではないかと思います。固めでプリっとした食べ応えのある麺。結構な辛みのあるカレースープがよく絡むで。

カレーをガラスープと合わせていると思われるスープ。マスターいわくキムチのタレなども配合されているそうでカレーの辛さだけでないスープとなってました。ノーマルでも十分に辛さを堪能できるくらい辛いので、激辛以上は超危険な予感しかしません。

あの世の素級とか注文して体壊しても自己責任なのでよろしくお願いします。

しかし・・・量多いわwww

目玉焼きやイカフライだけでなく中にも豚肉の野菜炒めがどっさり入っており食べ進んでもなかなか減りません。しかも熱いし上に辛いのでガツガツ量も食べれないんですよね・・・。

最後の方にとっておいたイカフライはカレースープを吸ってボリュームを増し味は美味いが、満腹で大きくなったお腹には重い・・・。このカレーラーメンの麺トリプルを注文する猛者もいたそうですが完食できなかったそうです。

麺・具材は完食したけど申し訳ない、このスープ量は完飲できず!お酒を飲まない二人はラーメンだけでもう満腹。しかし酔っ払いの二人が・・・

山盛りの野菜炒めやら・・・

おそらくこの店で1番人気の「カルボ風ララーメン」(900円)などを注文してしまいシェアして食べないといけない状態に・・・。

自分たち以外のお客さんのほとんどが注文していた「カルボ風ラーメン」

麺がラーメンなだけで味は普通にパスタのカルボナーラでした。男の肉そばより人気あるのはなぜ??

あと酔っぱらいの上司がしつこくリクエストして、長渕剛の熱狂的ファン?のマスターに

熱唱していただいて有難うございました!仕事の邪魔してほんとすいません!!この場を借りてお詫び申し上げます。(※普段からやってくれるかは不明ですし、お仕事の邪魔になるのでギターを弾いてくれるかは、ご自身でご確認ください

 

スポンサーリンク

 

お店データ&マップ

『ラーメンひまわり』

住所|和歌山県和歌山市北新5-63

TEL|090-8367-2773

営業時間|18:00~翌5:00

定休日|不定休

駐車場|近隣のCP利用

JR和歌山駅よりタクシーで約10分、南海和歌山市駅からも同じくらいだと思います。以前ご紹介した中華そば丸田屋さんのすぐ近く。

朝まで営業しているので、行くところが少ない地元和歌山では使い勝手のよい居酒屋風ラーメン屋さんだと思います。

料理のボリュームは全体的に多めですが、深夜営業ということもありお値段設定は若干高め。創作系ラーメンは量も多く若い方にはおすすめです。大人しい感じのマスターですが、じつはおとなしい見た目とは裏腹におしゃべり好きなので色々聞いてみても楽しいかと。

おすすめの「男の肉そば」を食べてないので、また食べた際は追記したいと思います。和歌山で遅くまでやっている貴重なラーメン屋さんなので気になる方と大食いの方はぜひどうぞ。

【関連記事】

”10杯目、本家アロチ丸高中華そば”

”9杯目、丸田屋ぶらくり丁店”

”8杯目、サッポロのみそラーメン”

”7杯目、中華そば味丸県体前”

”6杯目、和歌山市ラーメン○イ(まるい)”

”5杯目、和歌山市斗天王ラーメン”

”4杯目、和歌山市味(あじ)中華そば”

”3杯目、和歌山市丸平(まるひら)中華そば”

”2杯目、和歌山市まるやま中華そば”

”1杯目。和歌山市まる亀のスタミナラーメン”

”0杯目、和歌山市傾いたラーメン屋まる豊”

行く前の参考になれば幸いです。