梅干しの種飛ばしinみなべの参加方法や過去の大会記録を紹介!

梅干しの種飛ばしinみなべの参加方法や過去の大会記録を紹介!

やにこいフェスタ2018

和歌山の特産物をつかった、おもしろそうなイベントが和歌山県は日高郡みなべ町で開催されるでぇ~!

やにこいフェスタ

『梅干しの種飛ばしinみなべ』

みなべ町の特産物、南高梅の梅干しを食べて種を口から飛ばし飛距離を競う大会がおこなわれまっせ。

ちなみに「やにこいフェスタ」の「やにこい」はみなべ町の方言で「凄い」という意味だそうです。関西弁の「めっちゃ」とかと同じですね。和歌山在住の管理人も知りませんでしたw

上の【やにこいフェスタ】のポスターを見て頂ければわかりますが、梅干しの種飛ばしの最高賞金は

30万円!!

こ、これは参加したい・・・。

と、いうことで大会にどうやってエントリーするのかや、どれくらい種を飛ばすことができれば優勝に近づけるのか昨年の飛距離など調べてみたのでご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

梅干しの種飛ばしinみなべのエントリー方法

まず「梅干しの種飛ばしinみなべ」の参加方法ですが、専用の用紙があり必要項目を記入し官製はがきに張り付けて送付しなければなりません。

これが申し込み用紙です。インターネットから専用の用紙がダウンロードできるのでそちらからどうぞ。開催場所の地図もこちらに載っております。

”申し込み用紙ダンウンロード”

 

【送り先住所】

〒645‐0002

和歌山県日高郡みなべ町芝503

みなべ商工会青年部宛

事前申し込み締め切りは

2018年1月20日(土曜日)まで!

※当日消印有効

事前申し込み人数は1500名までで、超えた場合は抽選となるようです。事前申し込みができなかった場合、もしくは抽選に外れた場合でもまだチャンスがあり、当日会場で500名程当日受付してくれるようなので「やにこいフェスタ」に行く予定の方は早めに会場にいけばエントリーできそうですね。

そして気になる賞金(商品)一覧はこちら

小学生の部の1位商品券2万円、シニア(65歳以上)の1位賞金1万円とホテルの宿泊券、そして一般の部(中学生以上)の優勝賞金が30万円と各部門ともに豪華な賞金となっております。

で!でたい!

 

梅干しの種飛ばし過去の飛距離はどれくらい?

一体どれくらいの距離を飛ばせば優勝に近づけるのか、まったく分からなかったので昨年の種飛ばしの結果も参考までに載せておきますね。2017年は中高生の部もあったようです。

【小学生の部】

1位:8.24m

2位:7.98m

3位:7.45m

【中高生の部】

1位:13m

2位:11.73m

3位:10.72m

【一般の部】

1位:20.63m

2位:17.63m

3位:17.2m

※シニアの部は昨年なかったようでデータはありませんでした。

まずデータをみて優勝するには梅干しの種を18m近くは飛ばせないと上位3位までに入れる可能性は低くなりそう。一般の部1位の飛距離は2位を3mも突き放しての優勝なので20m越えをだした方はかなりの猛者ですね。開催者達も予想できなかった飛距離のようです。

★2018年度大会リポートと各部門の記録へのリンクは最後にあります★

さて、梅干し買ってきて

練習するかねw

 

スポンサーリンク

 

開催場所やスケジュール・参加費

【やにこいフェスタ】

梅の種飛ばしinみなべ2018

開催場所:上南部中学校体育館

【グーグルマップ】

開催日時:2018年2月12日(月)午前9時~

当日参加受付時間:午前9時~

参加費:小学生200円・一般500円・シニア300円

※参加者全員にみなべ町公認記録認定証贈呈

地元の特産品販売や物産展も開催されます。

あと同時開催で

『第3回UME‐1グルメ甲子園in梅の里みなベ』

こちらも「みなべ町保険福祉センター」で開催されます。こちらは梅を使った料理を高校生が調理する料理甲子園!入場無料で観戦できるようなのでこちらも気になりますねぇ~。

開催当日は祝日となっているので、和歌山に遊びにくるついでに梅干しの種飛ばし大会に参加するのもいいんじゃないでしょうか。なんせ優勝賞金30万円なんで参加する価値はあるかもしれません。管理人は今から休み希望を提出しようかなと思いますw

興味のある方はぜひどうぞ!!

2018年の種飛ばしinみなべに参加しました!2018年の大会記録はこちら。

やにこいフェスタ梅干しの種飛ばしinみなべ2018に参加してきました!

 

【関連記事】

”和歌山城で忍者合戦開催!”

”有田川町廃校のお化け屋敷に行ってみた”

”紀州ホギホギ神社にいってみた”

”日本一傾いたラーメン屋が立ち退き!”

”荒木飛呂彦先生デザインのお守り紹介”