3Dドリームアーツペンは難しい?販売価格や遊んでみた感想を紹介!

3Dドリームアーツペンのクリエイティブセット

子供の頃は漫画家に憧れた管理人の居酒屋店長です。

少し前に我が家の”わんぱく王子”こと次男ちゃんの誕生日だったので、これをプレゼントしました。

メガハウス「3Dドリームアーツペン」

次男ちゃんはとにかく「絵」を書くことが好きで、幼稚園の時も県の賞を頂いたり小学生になった今もクラスで1枚しか選ばれない展示会に出展されたりと、絵に関しては親バカかもしれませんが、センスはあるのではないかと思います。そんな次男ちゃんが大好きユーチューブでこの商品を見かけて誕生日プレゼントにこれをリクエストしてきたんですよ。

そんな「3Dドリームアーツペン」のPVはこちら

このプロモーションを見ておっさんな管理人は「絵を書くペンもここまで来たか!?」と感心したので、絵が大好きな子供の為に買ってあげたのですが・・・。

凄く画期的な絵を書くおもちゃなのですが、実際買ってみてどうなのか、内容や遊んでみての感想などご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

買いに行ってみた

まず最初に色々なドリームアーツペンの種類を扱っている「ドンキホーテ」に探しに行ったのですが・・・

こんなのや・・・

こんなのなどなど、色々な種類が悩む程ありどれにしようか迷っていたのですが、実はこの中に子供の欲しいのが無かったんですよね。写真見てもらえば分かるのですがどれもセットのペンの数が少ないんですよ!

ドンキホーテにあったセットは同梱されているペンの数が多いもので4本、少ないものだと2本とか、正直すぐなくなりそうなセットしか無かったんですよね。なので某大手家電ショップのキッズコーナーに探しにいくことにしました。そして次のお店で購入したのがこちら

「クリエイティブセットネオ」なる、8色もペンがついた豪華バージョンなセットと

立体に絵を描く為に必要な「エアーアップスターターライトセット」なるペン先を一緒に購入。これがないと3D(立体)に絵が書けないようです。なんだかんだで取りそろえる物が多かった3Dアーツペン。帰宅後、子供と使ってみました。

内容や遊び方紹介

帰宅後、さっそく「クリエイティブセットネオ」を開けてみました。

大きな箱にしては、コンパクトというかスッカスカの中身。黒いビニールにつつまれたペンと、オレンジの筒のようなものはインクを固めるライトです。他には

デザインブックなるものと、立体に描くためのパーツ、透明なシートなどが入ってました。箱の裏に書いていた手順によると

デザインブックのデザインの上にトレースシートを置き、好みの色のペンでなぞっていき

なぞったインクにマジカルライトを当て固めて

固まったパーツをくっつけて形にするみたいです。なんかちょっと難しいんちゃうこれ?

付属のパーツを使えば曲面も作成可能のようです・・・。説明みててもアレなんで子供と作っていきます。

さぁ、次男ちゃんよ!好きなペンを選ぶがいい!!好きなペンを選んだら

ペン先を取り付けて、書きたい絵を選ぶのじゃ~。

とりあえず小手調べで簡単そうなのを書いてみることに。

ペンが思ったより太く結構な力をかけないと、きれいにインクがでないので初めてだと線が途切れ途切れになるかも。ギザギザしたのをトレースしたのですが分かりますかね?小さい子供の握力ではちと厳しそうです。ペンで線を引いたら

「まじっくらいとぉ~(ドラ○もん風)」で固めていきます。これくらいの線だけだと1分くらいで固まるようですが

厚めに塗りつぶしてしまうと固まるまで相当な時間がかかりまっせ!

なんかよく分からない絵を次男ちゃんがトレースして、自分はシートを押さえたりペンを用意したり共同作業で作ってたのですが、これがなかなか予想以上に・・・

難しいでぇ~!

結局、この日は写真のような単純なマークを数個描いて終了。長男も興味を持ってモアイの絵をトレースしたんですが、インクを厚く塗り過ぎて乾かないという事態になり奥さんと四苦八苦してました。インク使いすぎやねん・・・。

スポンサーリンク

販売場所やお値段は?

この「3Dドリームアーツペン」ですが、おもちゃを扱っているお店には大体置いているようです。先にも書きましたがドンキホーテでかなりの種類を扱っており

ペンの種類が少ないもので2000円しない感じです。

大体が3割引きくらいで販売されてました。ちなみに今回プレゼントに買った「クリエイティブセットネオ」は値引きされて約6000円くらい、あと立体に描くためのアイテム「エアーアップスターターライトセット」は別売で1500円くらいするので合わせて8000円ほどかかりましたよ・・・。近頃のおもちゃはホント高いよねぇ~。

ネットでも販売されていますが、大体2割、3割はお安く売られているようです。

キャラものや男の子、女の子向けなど種類も豊富で、安い物も多いので小さいセットから試す方がいいかもしれません。

感想・まとめ

今回の「3Dドリームアーツペン」で子供と遊んでみた感想ですが、ぶっちゃけ使いにくいキットかなと思いました。

手が小さく力も弱い時期の子供さんには、一定の圧力でインクを抽出するのが、かなり難しいのではないかと使っていて感じましたね。見た目よりペンはかなり太く大きいし、インクもスムーズに出ない程の粘度なので大人でもなかなかムズいかな。

あと価格の割にペンの作りがショボいんですよね。ショボいというか作りが雑いんですよ。

このペン先のキャップとかネジ式になっているんですが、一応インクが漏れないようにネジのようになっており閉めれるんですが、ちゃんと閉まりきらず空回りしたりするんですよ。寝かして置いておくとインクが漏れたりするんで、元々ついてるキャップに戻して保管した方がいいかもしれません。あとライトを当ててインクを乾かすんですが、あまりぶ厚くぬってしまうとマジで・・・

全然渇きまへんで!!

このへんのインクの加減もなかなか難しいんちゃいますかねー。あと平面でも絵を書くの難しいので

エアーアップライトのこれ、すぐに使わないかも。少し平面を描く特訓してからでもいいかなと思いましたね。これだけで1500円くらいするしね!わが家でもこれ未だに使ってないですし、かなりテクニック必要なんじゃないかなと思いまっせ。

おすすめの買い方としてはペンの数は少ないですが、お試しにペンが2本くらい入っている書いてみたいデザインのセットを買ってみて実際遊んでから、ペンのばら売りを購入して増やしていく方がいいんじゃないですかねー。デザインブックじゃなくても塗り絵とか市販のものをトレース出来そうですし、無理に最初からペンをたくさん買う必要はないと思いますよ。

対象年齢が一応8歳からになっているおもちゃなので、我が家のように少し年齢に届いてないと難しくて遊ばないかもしれません。あとかなり絵を書いたりすることに興味ないと第2段階の立体を描くまでいかないかも・・・。個人的には凄くいいおもちゃだと思いますが、購入の際はよく検討した方がいいと思うので参考にしてください。あまり関係ないけど

箱無駄にデカいで、これ!!

【おもちゃ・雑貨関連】

”シャクレルプラネットが気になる!”

”うまれて!ウーモワォ紹介!”

”さかなクンの回転寿司で遊んでみた”

”うまれて!ウーモで遊んだ感想は?”

”話題のハンドスピナー買ってみた”

”ヴィレバンの福袋2017の中身は?”

”鼻毛をゴッソでごっそりとれるのかやってみた”

”30連勝記録更新!藤井4段愛用のリュックはこれ!”

買うときの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る