和歌山市味(あじ)中華そば実食レビュー深夜のラーメン屋巡り

深夜のラーメン屋巡り4杯目

ラーメン大好き、管理人の居酒屋店長です。

深夜のラーメン屋巡り4杯目の今回は和歌山市最大の商店街?のド真ん中にある中華そば屋さん

中華そば『味(あじ)』さんに行ってきました。

この日は前回、ご紹介した「○平(まるひら)』さんに行った後の来訪なので、満腹度も60%くらいでの実食。丁度いい満腹感で帰りたかったんですが・・・ラーメン屋巡りメンバーである友人がまたやっちゃうんですよね、過剰注文を・・・。

今まであるのは知っていたんですが、初来訪になるコテコテ和歌山ラーメンはどんなラーメンなのかご紹介したいと思います。

味(あじ)中華そば実食

和歌山市内にある商店街「ぶらくり丁」築地通りのドンキホーテの並びにある、中華そば「味(あじ)」さん。商店街入り口はド真ん中の横断歩道の角、たこ焼き屋さんの隣にあります。

店内は20席程でしょうか、ちょっと変わった長いテーブル席と4人座れる座敷タイプの席が2席あり。全体的に広くなく古びた感じがあり、こじんまりした感じです。

テーブルの上には和歌山のラーメン屋定番の

早寿司(サバ寿司)とゆで卵がありました。メニューは細かい字でビッシリ書かれているので、かなり見ずらい。

来たことのある友人いわく、ラーメン以外にも「チャーハン」や「すじどて」もなかなか美味いんだとか。うーん、やっぱゴチャゴチャ書き過ぎてて目がチカチカするで。値段も見ずらい。

この日、2軒目だったのでラーメンだけでいいかなと思ってたんですが、暴走モードに入った友人がなぜかラーメン以外にチャーハンと餃子、おまけにすじどて2本を注文。オイオイ・・・食えやんてよ。「なんでそんな頼むねん!」とブーブー文句を言っていると一品目が到着。

「すじどて」1本162円

値段的に割高ですが、見た目よりボリュームがありゴロっとした牛スジ肉が刺さっております。かなり煮込んでいるのか、肉がホロホロと柔らかく濃すぎない味噌味が素敵やん。友人が言うには、この汁をラーメンに入れて食うのが通なんだとか、ホンマかいな?

すじどてをほおばっていると本命のラーメンが着丼。

「中華そば」594円

見た目にも濃厚な豚骨醤油ラーメン。最近よく取りざたされている和歌山ラーメンはこういうタイプの和歌山ラーメンかと思います。

麺はお約束ともいえる細麺ストレートタイプ。茹で加減はバッチリでした。ひとくち食べると濃厚な豚骨スープがよく絡み濃厚な旨味が口の中に広がります。豚骨のくさみが少し鼻に抜けてくるので風味は強い方かも。脂っぽく見えますが意外とこってりし過ぎてないのがいいですな。

チャーシューはトロトロしたバラ肉。味も濃過ぎず食べると口の中でとろけるような食感。箸でつかんでも崩れるくらい柔らかめ。メンマも大き目で食べ応えあり。和歌山ラーメンでは珍しいなるとも入ってます。ラーメンを楽しんでいるとチャーハンと餃子がきました。

「ギョーザ」378円

ジューシーさもしっかりあり、普通にうまかったです。1個の大きさも小さくないのでボリューム的にも丁度いい餃子でした。安定の味。

ラー油のフタが外れて無くなっており、埃などついててギトギトになってたのが気がかりでした。こういうところ飲食店としては大事やと思うで。

「チャーハン」594円

かなりボリューミーです。詰まってる感が半端ねぇ。香ばしく味も美味いんですが、ちょっとご飯が堅いというかゴワゴワっとした感じの強いチャーハン。

パラパラ感あるんやけど、ご飯堅めで噛み応えが半端なく、これだけでもかなりお腹は満たされそうなのに半分も食わないうちに友人は「これ全部食ってください」とか無茶振り発動。「お前頼んだんやろがぁぁぁ~!」と罵り合い譲り合いながら完食しましたけどね。だからサイドは一品にしとけって言ったのに・・・。

ちょっと豚骨臭があるコッテリスープがクセになり、チョビチョビ飲んでましたが、超満腹なんで完飲は無理でした。お酒飲んだ後の〆にはいい濃さかもしれません。友人には「次回から一軒につきサイド一品だけな!!」と強く釘を刺して、この日の深夜のラーメン巡りは終了したのでした。

胃もたれ確定!!

Sponsored Link

場所や営業時間は?

ぶらくり丁の築地通り、ドンキホーテ近くにあります。

JR和歌山駅、南海和歌山市駅よりどちらも、タクシーで数分かと思います。

『味(あじ)中華そば』

住所|和歌山県和歌山市元寺町1丁目63

TEL|073‐423‐2646

営業時間|11:00~翌5:00

定休日|無休

駐車場|近隣のコインパーキング利用

和歌山ラーメンの中でもよく言われる「井出系」に当たる和歌山ラーメンかなと思います。この日に来訪した「○平」さんと違い、濃いめの豚骨スープに醤油を合わせたタイプの豚骨醤油なので濁り気味のスープで豚骨の香りも強め。今よくカップ麺など商品化とかされてる和歌山ラーメンはこのタイプかな。お昼から開いており遅くまで営業していて、サイドメニューも豊富で使い勝手のよいラーメン屋さんだと思いますよ。深夜飯に迷った時はぜひ!

【和歌山深夜のラーメン屋巡りはこちら】

”和歌山市丸平(まるひら)中華そば実食”

”和歌山市まるやま中華そば実食”

”和歌山市まる亀のスタミナラーメン実食”

”和歌山市傾いたラーメン屋まる豊実食”

【和歌山のお店関連記事はこちら】

”まい堂近大マグロ入り海鮮丼実食レビュー”

”ダイニングバーChill実食レビュー”

”乃が美はなれ和歌山本店の生食パン紹介”

”マサキ珈琲が改装したので行ってみた”

”Mr.こってり麺清乃ブラックまぜそばレビュー”

”和dining清乃数量限定ラーメン実食レビュー”

”ひとりじめ狸本舗の狸巻き”

”パンプラスクルトンのモーニング”

お店に行くときの参考になれば幸いです。

Sponsored Link
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です