和歌山市まる亀スタミナラーメン実食レビュー深夜のラーメン屋巡り

真夜中のラーメン屋巡り1杯目

ラーメン大好き、管理人の居酒屋店長です。

先日、友人と仕事上終わりにおっさん二人で和歌山のラーメン屋巡りに行ってきました。ラーメン屋さんは意外と閉まるの早いので(田舎だからか)店探しに苦労します。

今回は友人のおすすめで、遅くまで和歌山市内で営業している一軒をご紹介。和歌山市内ですが、ちょっと外れにあるラーメン屋『まる亀』さんにお邪魔しました。

屋台にも見えなくはない小屋のようなたたずまい。かなり年季の入ったお店です。学生時代この前を毎日自転車で走ってたんですが、お店があったことくらいしか覚えておらず行ったことなかったんですよね。

友人いわく「お店もラーメンもかなり個性的」だそうで、ぜひ自分に食べてほしかったそうです。そら変わったフード好きなおっちゃんとしては見逃せませんな。

いったいどんな個性的なラーメンなのか食べてきたのでご紹介したいと思います。

まる亀スタミナラーメン実食

深夜12時をまわってるというのにお店には数人のお客さんがおり、店主のお母さんもお客さんと客席にて談笑中でした。

入り口が既に独特なオーラを放っており、一元さんにはちょっと入りにくい感じかも。近づくとさらに年季入ってるの分かります。

店内はかなり狭めで席数でいうと12席程でしょうか。外にも混雑時は何席か追加するシステムみたいです。入って右側の壁にはメニューやチラシ類がめちゃめちゃ貼ってました。

雑誌の切り抜きや、知り合いのお店やニュースがのったタウン誌でしょうか。芸能人のサインなどは見当たらなかったので芸能人は滅多にこないんでしょうね。

メニューがあちこちにあるんで・・・

これとか・・・

これも・・・

これは一品などのメニューですね。ラーメンだけでも数種類あるので迷ってしまうほどでした。今回は友人に何を食べるか決められているのでそれを注文。ラーメン以外にもセルフサービスで入れる美味しそうに煮えていたおでんを4つほどチョイス。

ご飯系はいらなかったのですが、友人がこれまた勝手に『チャーシュー丼』を注文。ここに到着する前にチャーシュー丼が凄いボリュームと聞いていたので「全部食えるんか?」と疑問に思いながら、見た目より超あっさりで甘めなおでんをつまんでいると本命のラーメンが着丼。

『スタミナラーメン』(700円)

店の看板にもなっているラーメン。見た目にもボリューム満点でっせ。

麺はストレートで細目。わりと堅めで好みの麺です。具材がたくさん入っており奈良は天理のスタミナラーメンに似てるかも。

チャーシューは入ってませんが、モツとかすうどんなどにつかわれる”あぶらかす”が入っておりどんぶりの中はモツ祭りとなってます。

白菜やタマネギとキムチ、そしてモツとかすを炒めたキムチ炒め的な物をラーメンに入れているようです。友人いわく自家製キムチだそうで、けっこうな辛みと酸味があるキムチなのか、ラーメンのスープがかなりキムチ寄りな味になっております。

なんだろう、ベースは普通のラーメン食ってないのではっきり言えませんが、恐らく和歌山特有の豚骨醤油ベースだと思うんですけど、キムチの辛さと酸味で何味なのか、全く分からなくなっております。ちょっと後味が酸っぱいかなぁ。モツの食感が絶妙で下処理がきっちりされているんでしょう、プリップリで臭みが全然なかったです。逆にあぶらかすの方のクサみが目立ってしまってました・・・。

ラーメンを食べてる途中でこれも着丼。

『チャーシュー丼』(???円)

申し訳ない!これ値段がはっきり分からないので行った際は確認して注文してください。値段のってなかったんよね~。※払いが友人だった為不明です。

ご飯をオムライスのように卵焼きで包み、角切りチャーシューとキムチ、ネギをトッピングしたかなりボリューミーなどんぶりです。マヨネーズが添えられてくるので

たっぷりマヨネーズをかけて召し上がれ。気がつけばすでに取り皿に入れられておりマヨまでトッピングされてました。味は普通に美味しいです。脂っこいこともなく食べやすいどんぶり。マヨはかけた方がキムチがマイルドになっておすすめやで。量は半端ないですけどね・・・。

ラーメンの麺、かやくを食べ尽くすだけでポリバケツ級の胃を持つ自分もかなり満腹になった上に、友人の残したチャーシュー丼を半分以上食ったのでお腹はリミットブレイク。

お母さん、ごちそうさまでした。

Sponsored Link

場所や営業時間は?

場所なんですが、和歌山市の大浦街道沿いにあります。以前紹介した生食パンの「乃が美」さんの近くです。

屋台市場『まる亀』

住所|和歌山市湊448

定休日|火曜日

TEL|073‐432‐1062

営業時間|PM17:00~AM3:00

友人の情報ですが、店主のお母さんの気分や体調で早く閉まっていることもあるそうです。事前にお店に電話してお店が営業してるか確認した方が、いいかもしれませんね。

かなりボリューム満点で普通のラーメンから辛いラーメン、ご飯物、一品とレパートリーも豊富。お店の入りにくさは若干あるものの、気さくなお母さんが一人で切り盛りしているラーメン屋さんなので遅い時間どこに飯食いに行くか迷った時は、ぜひどうぞ。

以上、和歌山で遅くまでやってるラーメン屋巡り1杯目でした!2杯目に続く・・・。

【和歌山深夜のラーメン屋巡り関連記事はこちら】

”和歌山市○平(まるひら)中華そば実食”

”和歌山市まるやま中華そば実食”

”和歌山市傾いたラーメン屋まる豊実食”

【和歌山のお店関連記事はこちら】

”まい堂近大マグロ入り海鮮丼実食レビュー”

”ダイニングバーChill実食レビュー”

”乃が美はなれ和歌山本店の生食パン紹介”

”マサキ珈琲が改装したので行ってみた”

”Mr.こってり麺清乃ブラックまぜそばレビュー”

”和dining清乃数量限定ラーメン実食レビュー”

”ひとりじめ狸本舗の狸巻き”

”パンプラスクルトンのモーニング”

お店に行くときの参考になれば幸いです。

Sponsored Link
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です