「のとてまり」という椎茸の驚きの値段!通販で購入可能?

マツタケを超える?

2016年1月15日に放送される

「沸騰ワード10」で紹介される

超高級シイタケ『のとてまり』

そのマツタケを超えるかもしれない

お値段と厳しいこだわりの規格・・・。

その桁外れの椎茸はどのようなものなのか

ご紹介したいと思います。

石川県のこだわり椎茸

『のとてまり』は石川県の奥能登で栽培されるブランド椎茸で驚かされるのはあの高級キノコ「松茸」を超えるそのお値段。

自分も料理をするので生椎茸の値段をよく見ますが大体1パック(約6個)で200~300円、ちょっと大きめで高級なものでも500~600円くらいですかね。

しかしこの『のとてまり』1箱5個(500グラム)でお値段2万円以上もするので驚きです!

一本あたり4000円以上するのです・・・。

価格の変動が若干あるとはいえ松茸で500グラム16000円くらいなのでほぼ同等、もしくは松茸を超えるお値段となっております。

大きさもビックリするほど大きく

siitake1

出典:ttp://www.nikkei.com/

見て頂けると一目瞭然、右が普通の椎茸ですがパッとみて約5倍ほどの大きさがありかなり肉厚!!

siitake2

出典:ttp://www.nikkei.com/

裏面も普通のシイタケと違い大きい為軸も太く、笠の巻き込みも半端ないです。

義父が椎茸を栽培しているので大型の物をよく頂くのですが写真の『のとてまり』のような笠の巻き込みは見たことがありません。このブランドキノコの特徴でしょうね!

厳しい規格

一般的なキノコのシーズンは秋ですが『のとてまり』は12月下旬から3月が旬と少し変わっています。

さらに変わっているのが『のとてまり』になる椎茸の規格が

  1. 笠の直径が8センチ以上
  2. 厚みが3センチ以上
  3. 巻き込みが1センチ以上
  4. 形は丸く、割れなどがない

などなど・・・厳しい検査をうけクリアーした椎茸のみが『のとてまり』となるのです。

この椎茸「noto(のと)115」という椎茸菌は原木一本から一つしか取れないような貴重な椎茸で、しかもその中で協会に『のとてまり』と認定されるのは収穫量全体の45パーセント程しかないといわれる椎茸なのです。

これが番組でも言われた

8:3:1の厳しい規格の数値なのです。

スポンサーリンク

通販や取り寄せで購入可能?

そのまま焼くだけでもおいしそうですが

様々な料理にしてもおいしそうな

a0007_001780

『のとてまり』ですが、インターネットやお取り寄せでも販売されています。

安いもので4000円位、高級なランクの物で8000円以上しますがご家庭でも『のとてまり』を楽しむことができます。

「のとてまり」取り寄せはコチラ

直送なのでお安くなっているのかもしれません。去年より価格は上昇しているようなのでお店などの販売価格はかなり高めになるかもしれませんね!

最高級椎茸は一体どんな味がするのか是非食べてみたいですねぇ~!

スポンサーリンク
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る