和歌山市【まい堂】の近大マグロ入り海鮮丼をランパスで食べてきた!

ランチパスポートでプレミアムランチ

ランチパスポートでランチ行きまくりたい管理人の居酒屋店長です。

三月に発売されたランチパスポートvol.6で気になっていたお店に行ってきました。

食べられる“プレミアム”ランチパスポートが14店舗、700円以上のランチが500円の普通のランパスが44店舗、700円以上のおやつが500円のおやつパスポートが27店と、和歌山版にしては充実の内容です。

その中でもひと際気になったのが「馬肉とご当地料理の『まい堂』」さんの「近大マグロ入り海鮮丼御膳」(1580円)のプレミアムパスポートだ。

ランパスのお店といえば、この期間は満員御礼、売り切れ御免の争奪戦のイメージだったので、開店同時の入店を狙って行ってみた。


スポンサーリンク




まい堂「近大マグロ入り海鮮丼」実食

しかし、この「まい堂」さんはひっそりとしており、意気込みも空回りしてしまった。和歌山随一の夜の歓楽街という立地昨年には某暴力団組長が、撲殺された現場の近くということもあり主なランパス顧客のマダムたちも敬遠しているのだろうか?

ま、それはいいとして、プレミアムなランチタイムを楽しむこととした。

席に着くと「近大マグロの入荷が非常に困難でランパスメニューの海鮮丼には通常の半分しか使われてないということ」の但し書きが・・・。

そうなんだよな、和歌山生まれともいえるマグロのくせに、東京や大阪ばかりに出荷されるという恩知らずなマグロども。やっと食べられると思っても、まだそういう仕打ちが待っているとは・・・。

ともあれ、目の前に出てきた御膳は豪華~!

マグロの7切れのうちの中トロっぽいの4切れが近大ちゃんだそうだがサーモン、たこ、ハマチ、釜揚げしらすに輝くいくらと卵黄と豪華なメンバーがどんぶりを盛り上げていた。

このほかにも手羽先揚げが2本、イカにんじんの小鉢、山芋とろろ、グリーンサラダにみそ汁がついている。

さて、近大マグロですが、マグロはマグロですな。切り身に近代マグロと書かれているわけでもなく、特別変わった味がするでもなく、マグロはマグロ。本マグロと食べ比べても、赤身と中トロという部位の違いのみ感じられるだけで

「だからなに?」という感じ。

そう、これを食べるのは

「近代マグロを食べた」という既成事実を作るためだけなのである。

目的は十分に達成したところで、落ち着いてサイドメニューを味わう。手羽先ウッマー!これは完全にビールのお供。イカにんじんもサイドのわりに存在感あるお味だ。

このお店、けっこううまいんちゃう?ランパス、いい宣伝になったと思うよ。夜こようかと思うね!

スポンサーリンク

場所や営業時間

ランパスニューフェースだったので難易度高いと思いましたが、平日でも売り切れとまでいかないそうなので、またチャレンジしてみようかと。数あるランパスの中でもヒットのお店でした。

馬肉とご当地料理『まい堂』

住所|和歌山市岡円福院東ノ丁19-2

TEL|073‐435‐2929

営業時間|11:30~14:00、17:00~23:00

定休日:不定休(ランチは月・火曜日休み)

P|近くのコインパーキング利用

座席数|60席、喫煙可

地図はこちら

全国の郷土料理やお酒が楽しめる居酒屋さん。

夜には「もつ鍋」などメニューも豊富。使い勝手がよさそうなので行ってみてはいかがでしょうか。

【和歌山のお店関連記事はこちら】

”ダイニングバーChill実食レビュー”

”乃が美はなれ和歌山本店の生食パン紹介”

”マサキ珈琲が改装したので行ってみた”

”Mr.こってり麺清乃ブラックまぜそばレビュー”

”和dining清乃数量限定ラーメン実食レビュー”

”傾いたラーメン屋まる豊”

”ひとりじめ狸本舗の狸巻き”

”パンプラスクルトンのモーニング”

お店に行くときの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る