乃が美はなれ和歌山本店の生食パンを食べてみた!予約や購入方法は?

乃が美の高級「生」食パン和歌山に登場

パンは甘いのも、しょっぱいのもオールオッケーな管理人の居酒屋店長です。

少し前に関西ローカル番組で紹介されて「これ食いたい!」と思っていた”高級「生」食パン”の『乃が美』さんが遂に我が地元、和歌山にもオープンしましたよー。

2017年3月1日にオープンしました。自分は並ばなかったのですが奥さんの友達が並んで予約してくれました。朝から人の並びはなんと250人越えだったそうで開店30分で当日分が完売したそうです。

この日の並びは「乃が美」さんのオープン初日の中でも最多だったようです。和歌山県民は新しいもん好きやねーん!

予約はお友達がしてくれたのですが受け取りが5時だったので奥さんと一緒に受け取りに行ってきました。

スポンサーリンク

乃が美はなれ紹介

場所なんですが和歌山市内のちょっと外れの方にお店はあります。和歌山の方はご存じの大浦街道沿いですね。

こだわりを書いた垂れ幕。2016年のパンオブザイヤー食パン部門金賞や日本のおいしい食パン名品10本に選ばれた高級「生」食パンとはどんな味なのかめっちゃ楽しみにしながら店内へGO。

販売所の隣には中が一切見えない、謎のベールに包まれたパン工場があります。販売所に入ると至ってシンプルな商品棚が右手にあります。

食パンの大きさは1本の物と半分の物の2種類が売られています。その隣には「生」食パンの為に作られたであろう、これまたうまそうな

ジャムが3種類置いてます。お値段が1000円(税込)とちょっと手が出にくい価格かも。

壁には「乃が美のこだわり」がドーンと貼ってましたよ。ここのパンはこだわりとして卵を使っていないんですよね。確かパンが堅くなるので卵は使用しないとかテレビで言ってたような気がします。小麦粉・バター・生クリーム・蜂蜜のよい品質の物で作っているようです。

無知なんでこれがどれだけ凄いのか分かりませんが、パン好きからみた凄いことなんでしょうな。なんせ「日本の食パン名品10本」ですからね。ここの代表者の方は、大阪プロレスの会長さんだったこともあり、お顔が広いのか

壁に有名人もサインが飾ってました。左から「たむけん」、「さんまさん」そして「イチロー」のサイン。ここに来てない方のサインなので別にいらんのちゃうの?と余計な心配をしてしまいました。総本店で飾ればいいんじゃなーい?

パンフレットとかもあったので後日、予約するのにもらうといいですよ。予約したパン6袋を受け取り帰りました。この時は予約の受け取りのみなので人はほとんどいませんでした。

「生」食パン実食レビュー

帰宅後、夕食を食べてからの実食です。パンはデザート!食い過ぎやけど・・・。

シンプルな紙袋に「生」食パンが1本入ってます。取り出してみると

シンプルにビニール袋に入ってるだけです。見た目は普通に1本の食パン。特徴なども別に見当たらないです。

ビニールからだすとパンのいい香りがします。久々に1本ものの食パンみたけどボリュームあるわ、これ。とりあえず厚めに試食分をカットしてみました。

包丁を最近研いでないんで切れ味悪かった!切り口が汚くて申し訳ないッス。調理師失格やね!切った感じ適度な弾力もあるけどフワフワな感じでいかにも美味そう。

卵を使ってないからなのか凄く白いです。ちぎってみると柔らかいけどコシがある感じというかしっかりした感じがします。

ひとくち食べてみると・・・

食べた瞬間は「あれ?普通?」と一瞬思うんですが、噛みしめてみるとモチっとしたパンの食感のあと小麦の風味とパンの自然な甘味が口に広がりめっちゃうまいやーん!

噛めば噛むほど旨味が広がるというか何もつけなくてもパン自体の味が美味しく軽いので晩飯食った後とは思えないくらいパンを食べる手がとまりません。変な酸味などの後味もなくサッパリしてます。

奥さんも次男ちゃんもドップリと「生」食パンにはまってしまい「もっと切ってよぉ~!」と食後にも関わらずデザート感覚でパクパクと食パンを食べていきます。

中もうまいのですが奥さんも絶賛するほど耳までうまい!端っこは取りあいになるほどの美味しさ。この日だけで半分以上無くなりましたよ。次の日は長男くんの胃袋に吸収されたので自分の口に入ることは無かったです・・・。リピ確定!!!

追記:ジャムも食べてみた

大人気の「乃が美生食パン」再購入した際に、大蔵大臣(奥さん)にお願いして「乃が美のジャム」も購入してみました。

お値段が1000円(税込)もするんでどれほど普通のジャムと違い「生食パン」に合う美味しさなのか気になってたんですよねぇ。帰宅後、生食パンと一緒に頂いてみました。

ビンをあけてスプーンですくってみるとジャムとしては少し粘度が高いのでしょうか、弾力があり堅めかな。たっぷりと生食パンにつけてみました。

食べてみると

「うーん・・・普通!」

もっと特別な感じや、味わったことないような美味しさを期待したのですが普通にその辺で購入できるものとさほど差は無いように感じます。

もちろん美味しいのですが甘さ・香り・酸味、全てが普通の苺ジャム。写真のようにちょっと付け過ぎると生食パンの味が消されてしまうので

ほんと少しの量でいいと思いました。画像くらいの量で、自分的には丁度よく生食パンの味を引き立てるくらいでした。

味はめっちゃ普通だったのですが余計な物は入っておらず素材にはこだわった作りだと思いますので、気になる方はぜひ。奥さんと長男くんは「マーマレード」の方が良かったんちゃうの?と指摘してきたので機会があれば、今度はマーマレードかブルーベリーを買ってみようかな。でも1000円なんで悩むよね・・・。

スポンサーリンク

店舗情報・予約や購入方法は?

高級「生」食パン『乃が美はなれ和歌山本店』

住所|和歌山市砂山南4-2-18

営業時間|11:00~19:00

定休日|火曜日

問い合わせ|073-427-5518

予約や購入方法ですが電話で予約することは可能のようです。しかし、このブログで紹介した時点では電話予約や問い合わせが殺到しているのか全く電話は繋がりませんでした!(呼ぶ時もあるんですが出ません)オープン日に受け取りに行った時にチラっと聞いた話では3月の中旬くらいまで予約で埋まっているようでした。ヘタすると4月くらいまで予約で埋まってるかもしれませんねぇ。

もし時間があるようならお店に直接行って予約した方がいいかもしれません。それでもかなりの日数を待つことになるかもしれませんが・・・。

購入方法に関する追記

2017年3月5日に予約か購入しようと思いまた「乃が美」さんに行ってきました!開店30分後くらいに到着して

既にこの行列!!100人程並んでいたのですがかなりの数量の生食パンを用意しているようで

直接お店に行った方が購入できます!!

この日は日曜日ということもあって1時間並んで買えました。レジがね・・・1台しかないので時間かかるみたいです。レジ増やしましょうよ!!

整理券を配っていて一人3本までしか

購入できませんが、並んで購入可能です。受付担当の方が丁寧に必要数を確認して整理券を配ってました。途中で数量の変更は出来ないので必要分を整理券もらう前に決めておきましょう。

逆に予約購入の場合、この追記を書いている時点で4月中旬くらいまで待つことになるようです。お店に来てくれたお客さん優先で販売しているようなのでお店に直接いって購入した方がいいと思いますよ。開店前から並ばなくても大丈夫だと思いますが早めには行った方がいいですね。平日が狙い目かな。

定休日前日は多めに商品を準備するそうです。電話予約は相変わらず繋がりにくいですが店頭でも行列の落ち着いた時間より予約を受け付けてるようですよ。

予約に関する追記(2017年4月)

4月に入ってすぐ、奥さんが予約分の「生食パン」を購入にいった際の情報ですが4月に入っても直接、お店に行って購入可能だそうですが、やはり並びは小一時間かかるそうです。

「生食パン」の予約状況については4月に予約すると受け渡しは6月になるようなのでお店にいって購入するのが一番早いと思います。以上、4月現在のお店の状況でした。

「並ぶのいやぁ~!」とか「そんなの待ってられるかー!」って方は大阪の総本店と梅田店からのお取り寄せは可能のようです。どうしてもという方はこちらからそうぞ。

”乃が美生食パン発送詳細HP”

送料が結構かかるのであまりオススメしませんが・・・。

和歌山に2店舗めの「乃が美」さんがオープン!

なんと2017年7月に和歌山県岩出市に「乃が美」さんの2号店がオープンしました。

内容的には1号店と変わらないと思いますが、岩出方面にできるのは嬉しいですね。場所や営業時間などこちらに追記しますので参考にして頂ければと思います。

【乃が美はなれ岩出販売所】

住所|和歌山県岩出市中島813‐1グリーンプラザ中島Ⅱ

営業時間|11:00~14:00(完売次第終了)

TEL|073‐427‐5518(和歌山本店の番号)

定休日|不定休

駐車場|有

※電話は1号店につながるようです。詳しくはお問い合わせください。

感想・まとめ

乃が美さんの『高級「生」食パン』

予想以上の美味しさでした。家族全員がハマってしまうほどの食パン!HPによると1日5000本も売れてるんだとか。新店もどんどん全国に展開しており催事でも引っ張りだこのようです。

普通の食パンと違い、そのまま食べてもめっちゃ美味しいですが2日目以降は軽く焼いても美味しいみたいですよ。冷凍保存も可能なので1本買って余っても、色々と楽しめそうです。我が家は2日で無くなりましたけどね!次は焼いて食ってみたいなぁ~。

値段が1本(2斤分)864円(税込)ハーフ(1斤分)432円(税込)と普通の食パンと比べてかなり高めなのが気になりますがこだわりの材料や工程を考えると妥当なお値段なのかもしれませんね。ジャムはちょっと高すぎかなと思いますけどねー。

今までに無かったタイプの食パンで非常に美味しいのでおすすめです。これを書いてる段階では和歌山店で入手は難しいですが機会があればぜひ!

【和歌山関連記事はこちら】

☆スポット関連

”和歌山ホギホギ神社に行ってきた”

”和歌山有田川町で廃校のおばけ屋敷開催”

☆お店関連

”傾いたラーメン屋まる豊さんが移転!”

”まい堂近大マグロ入り海鮮丼実食レビュー”

”ダイニングバーChill実食レビュー”

”乃が美はなれ和歌山本店の生食パン紹介”

”マサキ珈琲が改装したので行ってみた”

”Mr.こってり麺清乃ブラックまぜそばレビュー”

”和dining清乃数量限定ラーメン実食レビュー”

”ひとりじめ狸本舗の狸巻きを紹介

”パンプラスクルトンのモーニング”

☆深夜に行く和歌山のラーメン屋巡り

”9杯目、丸田屋ぶらくり丁店

”8杯目、サッポロのみそラーメン”

”7杯目、中華そば味丸県体前”

”6杯目、和歌山市ラーメン○イ(まるい)”

”5杯目、和歌山市斗天王ラーメン”

”4杯目、和歌山市味(あじ)中華そば”

”3杯目、和歌山市丸平(まるひら)中華そば”

”2杯目、和歌山市まるやま中華そば”

”1杯目。和歌山市まる亀のスタミナラーメン”

”0杯目、和歌山市傾いたラーメン屋まる豊”

和歌山に来た時の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る