マサキ珈琲が改装したので行ってみた!コメダ珈琲との違いもチェック

マサキ珈琲リニューアルオープン

コーヒー大好き

管理人の居酒屋店長です。

近頃、自分の住んでいる和歌山にも

コーヒーショップが増えてきており

スタバなんかはここ数カ月で2店舗も

増えました。あと和歌山の年配の方は

喫茶店が好きなのでコメダ珈琲なんかも

人気があり、店舗数を増やしてきております。

少し前にそんなコメダ珈琲に関して

気になるニュースが2016年12月に

話題となってたんですよね。

”外食「模倣文化」に警鐘コメダ類似店は営業停止”

上記は日本経済新聞の記事ですが

これ以外にもニュースアプリなどでも

取り上げられてました。

そのニュースというのが

和歌山市内に出来ていた

「マサキ珈琲」というお店が

”あまりにもコメダ珈琲に似すぎている”

いうことから、コメダ珈琲から裁判所に

訴えられて営業停止になってたんですよね。

営業停止になる前に

自分は行ったことなかったので

行った方のサイトなど見たのですが↓↓

”想像以上にコメ○的!?マサキ珈琲に行ってみた!”

「これはアカンやろ」ってくらいそっくりですね。

何から何までコメダ珈琲チックやーん。

こりゃ訴えられるわと思ってしまうほど。

マサキ珈琲は営業停止を食らって

改装していたそうなんですが

先日ついにリニューアルオープンした

そうで、大々的に広告も出していたようです。

こりゃね、コーヒー好きとしては

まだ飲んだことのない「マサキ珈琲」の

コーヒーを飲むしかないだろうと思い

奥さんと一緒にモーニングしに

マサキ珈琲に行って参りました。

スポンサーリンク

マサキ珈琲改装後に行ってみた

とりあえず「マサキ珈琲」に行ってみたので

リニューアルして、どれくらい変わったのかを

検証したいと思います。

お店に到着してまず看板を見たのですが

さすがにこれは全然違いましたね。

看板はどちらも個性的。

お店の外観ですが

確かに全く違うお店に変わってますね。

雰囲気はそれとなく残ってますが

日経の記事にあった写真とは

まったく変わってました。

お店の中はこんな感じ。

左がマサキ珈琲で右がコメダ珈琲。

ソファーの色が違うくらいで

作りは今でも似てる感じでした。

マサキ珈琲の方が仕切りが高いので

圧迫感はあるかもしれませんね。

コメダ珈琲のほうが解放感が

あるような気がします。

自分座った席だけかもしれませんが

クッション悪かったでー。

モーニングメニュー比較

左がマサキ珈琲ですがマサキはプラス200円で

サラダ、110円で小倉あんが付けれます。

コメダは200円でサラダがつきます。

トーストはマサキ珈琲が最初から具材を

のせてる感じですが、コメダ珈琲は

別添えで自分で好きなように食べる感じ。

マネしてる感は否めないですな。

ドリンクメニュー比較

左がマサキ珈琲です。ロゴは違うものの

よく探してきたなーと思うほど

グラスやカップがほとんど一緒。

ドリンクの配置が違うだけで内容も

そっくりですね。

他ドリンクはこんな感じ

右のコメダ珈琲がちょっと変わったグラスを

前面にアピールしてますが、マサキ珈琲は

同じグラスを少し使っているものの

変わり種グラスはあまりアピールしてません。

さすがにブーツ型グラスのクリームソーダは

改装前は出してたけどやめたみたいですね。

サンドイッチ類は似たり寄ったりなので

ウリにしてるであろうフードのみ並べてみました。

マサキ珈琲は鉄板焼き系、コメダ珈琲は

帽子みたいなハンバーガーがウリみたいです。

鉄板ナポリタンは名古屋が有名みたいですね。

他にも・・・

こんなとこや・・・

こんなとこや・・・

極め付けはこれなど

「ロンドマール」と「シロノワール」

「名前ちゃうだけやん!」と

思わず突っ込んでしまいそうな物まで

上げればキリがないほど類似点が

今でも多いので「大丈夫か?」と

心配してしまうほど『コメダ珈琲感』が

半端ないですね。ここまでくると

逆に感心してしまいまっせ!

スポンサーリンク

モーニング食べてみた

これだけ似てるので

味も似てるか、もしくはコメダ以上かもと

思いモーニングセットを注文。

普通の食べてもコメダとの差が

分からないと思い

自分はエッグモーニング、奥さんは

ポテサラチーズモーニングをチョイス。

ほどなくしてテーブルに運ばれた

モーニングセット。

このあたりのコメダ珈琲との違いは

卵のってるかのってないかだけ。

コメダ珈琲↓↓

実際食べてみると

パンと卵にはそんなに

違いはないかなと思います。

パンの厚みも同じくらい。

好みの問題やけどケチャップは

いらなかったかなぁ。

コメダ珈琲と違ってアイスコーヒーには

シロップが入ってないので

ミルクとシロップが付いてきます。

好みの甘さに調整できるのは

ありがたいかな。

ひとくち飲んでみると

なんともパンチのないコーヒー・・・。

香りが全然せず、味も苦みも酸味も

何もかも弱いコーヒー。

コメダ珈琲はもう少し濃い感じで

飲んだ後に少し酸味を感じる

マッタリしたコーヒーで昔の喫茶店みたいな

特徴があるんですがマサキ珈琲のは

ちょっと薄い感じがして

とにかく香りなどが楽しめません。

自分はアイスコーヒーだったので

コーヒーの特徴を感じにくいのかと

思ったんですが、ホットを飲んだ奥さんも

香りや味に不満がある様子でした。

好みの問題かと思いますが

喫茶店でコーヒーが美味しくないのは

致命的でっせ。トップバリスタさんの

ポスターを貼ってたのでちょっと

期待してたんですけどねぇ。

同じ通りにスタバができてるので

厳しい戦いになっていくんじゃないですかね。

モーニングセットのお値段は

400円でした。コメダ珈琲も確か

400円です。ここまで同じにしなくても

いいんじゃなーい?

感想・まとめ

今回リニューアルオープンしたので

気になって行ってみたのですが

改装前には行ったことないので

細かいことは分かりませんが

リニューアルしてもメニューとかは

あまり変わってないんじゃないですかね。

全てがパクリとはいいませんが

いまだにメニューの一部は全く一緒では

ないかと思います。

裁判では周知性と類似性などの

混同の恐れの有無でアウトに

なったみたいなので、外観だけ

完全に変わってますが

中身もそうとうな類似性があると思いました。

飲食業界では、よくあることですが

ここまでくると

「ちょっとやり過ぎたんちゃう?」と

さすがに感じますよね。

地元企業さんが経営してるようなので

頑張ってほしいですし、もっと

オリジナルのコンテンツで勝負して

ほしいかなと思いますね。他にも

飲食店を展開されてるみたいですし

そちらのノウハウを使えないんですかね。

年配のお客さんが非常に多かったので

居心地はいいのかもしれませんが

若い世代は手前にあるスタバに流れるでしょう。

リニューアルオープンした

「マサキ珈琲」気になる方は

ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

「マサキ珈琲」中島本店

住所|和歌山市中島546-1

営業時間|7:00~23:00(OS22:30)

定休日|無休

【和歌山のお店関連記事はこちら】

”DINING BAR Chill実食レビュー”

”乃が美高級「生」食パンを食べてみた”

”Mr.こってり麺清乃ブラックまぜそばレビュー”

”和dining清乃数量限定ラーメン実食レビュー”

”傾いたラーメン屋まる豊”

”ひとりじめ狸本舗の狸巻き”

”パンプラスクルトンのモーニング”

お店に行くときの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る