AGEという老化物質を防ごう!終末糖化産物が老化を進める

Sponsored Link

坂上さんもショック!

先日、お昼にバイキングを見ていると

健康に関する特集をやっており

何やら聞きなれない言葉が聞こえてきました。

その言葉とは「AGE」です。

アゲ?ではないですよ(笑)「AGE」です。



「AGE」とは【Advanced Glycation End Product】の略で

『終末糖化産物』といい

タンパク質と糖質が加熱されてできた物質で

老化を進める原因物質だそうです。



番組内では「AGE]のやばい食べ物が紹介されており

「目玉焼き」「すき焼き」「ギョウザ」は

数値が高いと紹介されていました。

調理方法で「AGE」の数値が大きくかわるようで

上記の3つは

目玉焼き→スクランブルエッグ

すきやき→しゃぶしゃぶ

ギョウザ→水ギョウザ

という具合に変えると「AGE」の

数値を抑えることが出来るようです。


食べる時の調理法や組み合わせが大事

結局のところ調理の仕方が番組内では

「AGE」を防ぐポイントの一つと

説明しており

一番摂取する方法で最適なのが「生」

a1180_006549

全て生で摂取するのは難しいですが

ステーキなどのお肉は焼きすぎずレアで

食べると「AGE」を防げます。



二番目に良いのが「煮る・蒸す」

a1620_000179

煮る・蒸すは100度以下の調理になるので

「AGE」の発生を抑えれるようです。



三番目には「焼く・炒める」

a0002_hi00041

かなり「AGE」が発生しやすくなる

調理法になってしまいます。

バーベキューや焼肉もかなり「AGE」が

高くなるでしょう!



そしてもっとも数値が高いのが「揚げる」

a0006_002303

最も「AGE」の数値が恐ろしく高くなる

調理ほうです。美味しいですが

老化するリスクが高くなります(汗)


AGEを減らす工夫

「AGE」を減らす工夫がいくつか

あるので紹介しておきます。

普段からこころがけておくだけで

少しでも老化を防ぎましょう!



①よく噛みゆっくり食事する

短時間で食事すると、急激に血糖値が

あがってしまいます。ひとくち30回噛むなど

ゆっくり食事しましょう。



②食べる順番に注意する

野菜から先に食べることにより

糖質の吸収を抑えることが出来るようです。

野菜→肉・魚→ご飯・パン

上記のように野菜や酢の物から

食べていくのがベストです。



③腹八分目

なんにせよ食べ過ぎはよくありません(笑)

血糖値の上昇により満腹中枢が刺激され

満腹だと感じます。満腹時に糖が血液に

あふれ出し「AGE」がつくられます。

腹八分目に抑えることにより「AGE」を

防ぎましょう!



他にもいくつかあり聞いたことがある内容もあると思います。
  • 甘いものは食後にとる
  • 食後は軽く体を動かす
  • 紫外線はあびない
などなど・・・少し意識するだけで

「AGE」を抑えることができるのです。



食べ物を組合すことでも抑えることができます。

うどんには山菜などをいれる。

とんかつを食べる時はキャベツを多く取る。

などやはり野菜の摂取の仕方もポイントになるようです。



自分もオヤジ世代・・・体重も気になるので

少しでも努力し、生活スタイルを改善しようかなと思います。



大好物は揚げ物なんですがねぇ・・・

AGE含有量の一覧を見ると

とんかつやから揚げのAGE数値が

桁違いなんで控えようと思いました(笑)



みなさんも揚げ物の取り過ぎには注意ですよ!!





Sponsored Link
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です