映画ミュージアムを観たネタバレや感想!カエル男の結末は?

カエル男出現

漫画大好きな、管理人@居酒屋店長です。

カエルのマスクを被った猟奇殺人鬼が登場する漫画『ミュージアム』

この漫画、読んだことなかったのですが実写映画化されるとニュースなどで知り気になっておりました。映画化決定してなのかどうか知りませんが『LINEマンガ』で少し前から原作を読むことができたので映画公開前に読んだのですが、なかなか面白く

「こりゃ映画観に行こう!」とどっぷりとハマってしまいました。

予告編はこちら↓↓

サスペンス好きには(ホラー好きにも)たまらない映画じゃないですかね。自分は大好物です。

2016年11月12日より公開になりさっそく管理人も観に行ってきましたよー。現在『LINEマンガ』では、途中までなので結末を映画で先に知ることになってしまうのですが、マンガと一緒なんですかね。

観た内容や感想を、あくまで個人的独断と偏見でご紹介したいと思います。

※ネタバレを大量に含む内容となっているので

自己責任でお読みください!!

スポンサーリンク



ミュージアムあらすじやキャスト

【ミュージアムあらすじ】

雨の日だけに発生する猟奇殺人事件。犯人は「カエルのマスク」を被り見つけられることを前提にしターゲットたちを、様々な方法で殺していく。

被害者を犬に食べさせて殺す”ドッグフードの刑”

被害者の出生体重分の体を切り刻み殺す”母の痛みを知りましょうの刑”

被害者を真っ二つに切り裂き被害者家族や愛人に送りつける”均等の愛の刑”

被害者を冷凍して殺害する”ずっと美しくの刑”

被害者の口に針を千本入れ殺害する”針千本飲ますの刑”

殺された被害者達の死体の傍には”刑の名前”を書いてある、謎のメモが残されていた。事件を追う刑事「沢村」と捜査班たちは被害者たちの共通点が、過去に起こった『幼女樹脂詰め殺人』の裁判員と裁判官たちであることに気づく。その裁判員の中の一人に沢村刑事の妻・遥もいたことを沢村は思い出す。

家を不仲で出て行った遥と連絡がつかずあせる沢村。遥と子供はカエル男にさらわれてしまう。だが、カエル男の目的は妻の遥だけでなく沢村本人もターゲットだった。果たして、沢村は妻と子供を救いだすことができるのか・・・。

【メインキャスト】

主人公・沢村久志:小栗旬

沢村の妻・遥:小野真知子

沢村の後輩・西野:野村周平

沢村の上司・関端:松重豊

医師・橘幹絵:市川実日子

カエル男(霧島早苗):妻夫木聡

他にも多くの俳優さん達が出演されてましたがテンポよく、ストーリーが進んでいくのであまりインパクトがなく覚えられませんでした!重要な人物には、ベテラン勢を起用しているので知っている方ばかりかと。

松重さんはホントよく出てますよね!しかも、自分が気になる作品には8割くらいの確率で刑事役で出演してますわ。キーパーソンとなる医師・橘幹絵役で『シン・ゴジラ』でも、その個性的な演技で話題になった市川実日子さんも重要な役どころで出演されてました!

ネタバレ内容やカエル男の結末は?

自分が観た感じでは、マンガの中でもインパクトのあったシーンは、しっかりと使われている印象でした。いきなりインパクト抜群の”ドッグフードの刑”は強烈。

マンガの中で読んでいたのが主人公の沢村と後輩・西野が自宅待機をさせられている沢村の為に捜査資料をファミレスで見せている所に白昼堂々とカエル男が二人の前に現れるところまでだったのですが、そのシーンもしっかり再現されてました。

結構、グロいシーンも多かったのですがグロかったのは、刑で死んだ死体の姿のシーンのみで実際にカエル男が殺しているシーンはさすがにほとんどなかったです。原作でも前半は”母の痛みを知りましょうの刑”で殺される「引きこもりの若者」の話くらいだった気がします。

マンガで描かれていた、きわどい描写はやっぱり映画では使えなかったみたいです。でもその残虐性は十分伝わってきました。カエル男は”お仕事見学の刑”として6つめの刑を沢村と妻・遥を使って行おうと、二人と子供を監禁します。まぁ、この時の妻夫木さん演じるカエル男の壊れっぷりが半端なく

mu2

見ててムカついてくるので妻夫木聡さんの演技力が、半端なかったのかと思いますわ。そこは実際、見に行って感じて欲しいところ!

カエル男の結末はというと、沢村一家を殺す前に、捜査班に突入され逮捕されます。沢村もカエル男に銃で撃たれ重傷を負います。ネタバレになりますが紫外線アレルギーを防ぐ為に、カエルのマスクを被っていたので、慌てて逃げたカエル男は天気のいい外に出てアレルギー症状で倒れて捕まるんです。意外にあっさり捕まっちゃったよ!!

その後、意識不明で病院で監視されていたカエル男こと”霧島早苗”は最後、兄妹である医師・橘幹絵に点滴に薬物を投入されて痙攣を起こす所で彼のシーンは最後でした。息途絶えたところは、なかったですが罪の意識が強かった兄妹が責任を取ってカエル男を殺すという結末に・・・。

スポンサーリンク

感想・まとめ

非常にインパクトのある映画でした。グロ耐性の無い方には、少しキツイかもしれません。とはいえハラハラ、ドキドキさせられるシーンが多く、展開も早いので見てて飽きません。

特に主人公が監禁され、閉じ込められてボロボロになってるシーンあるのですが、カエル男が、主人公にハンバーガーとコーラを与えるんですよ。そのハンバーガーを作っている、妻夫木さんの狂いっぷり!半端ない演技が、なかなか印象に残りました!

”カエル男の正体”は、最初シークレットかと思われたんですが、公開前に妻夫木聡さんだと公開されたんですよね。これ映画見て思ったんですが、もし公開されてなかったら

「誰か分からなかったんじゃないか」と思いましたよ。ぶっちゃけエンドロールまで秘密でよかったかも。

エンディング曲も、今大人気の『ONE OK ROCK』の曲なので

めちゃかっこよくて、最後まで聞き入ってしまいましたよ!この冬、ドキドキして熱くなれる映画なのでぜひ!!

【映画関連記事はこちら】

”アイアムアヒーロー”

”貞子VS伽椰子”

”シン・ゴジラ”

見るときの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る