エースコック産経新聞大阪ラーメン第6弾あまから醤油の感想と評価!

Sponsored Link

産経新聞大阪ラーメン

エアコンをつけっぱなしの方が

電気料金が安いと(※条件にもよる)

話題になっているが、つけっぱなしで

エアコンが壊れないのか心配な

管理人の居酒屋店長です。

我が家はエアコンを買い替えただけで

電気料金下がりました。

我が家のエアコン事情は置いておいて

仕事帰りのコンビニでカップ麺の

新商品を発見しましたよ。

oo1

エースコック

『産経新聞大阪ラーメンあまから醤油』

見た瞬間、失礼ですが意味がまったく

分かりませんでした。

ラーメンと「産経新聞」?「もずやん」?

「大阪王将」?「大阪ラーメン部」?

パッケージに詰め込まれた情報量が多すぎて

どういう商品なのかピンとこないです。

そうまるで・・・

「ごちゃごちゃした大阪」

のようなカップラーメン。

その内容はどういったものなのか

食べてみたのでご紹介したいと思います。

Sponsored Link

大阪ラーメン実食レビュー

とりあえずフタに書いている情報を

整理していくと・・・

oo12

大阪に「ご当地ラーメン」を作るべく

産経新聞の記者で結成された

産経新聞大阪社会部『大阪ラーメン部』

『エースコック』がタッグを組み

開発されたカップ麺でした。

なんでも今回で第6弾となるそうで

oo13

あの『大阪王将』も協力してます。

「餃子1日100万個、食は万里を超える」

の方じゃない『王将』さんの方です。

ところで・・・

oo11

「君はだれやねん?」

と思ってしまう”ゆるキャラ”がいました。

この鎧を着た鳥さんは

大阪府の広報担当で

なんと副知事さんだそうです。

日々大阪をアピールしている

「もずやん」

ツイッターもやっているので

興味ある方はのぞいてみてください。

開発秘話が気になる方はこちら

”それいけ!大阪ラーメン部”

さすが大阪の方が考えたカップ麺だけ

あって、食べる前からお腹いっぱいに

なるほどの”ネタ”を提供してくれてます。

いい加減カップ麺の紹介を・・・。

フタをあけると

oo4

シンプルに”かやく”

”粉末スープ”のみが入ってました。

しかも両方とも最近では珍しい

「先入れタイプ」なんですよ。

せっかちな関西人の為なんでしょうか。

確かに後であれもこれもと入れるのは

めんどくさいので有り難いかも。

oo5

麺は「揚げ麺」でした。

「ノンフライ麺」かなと思うほど

作りはしっかりして食べ応えの

ありそうな「中太麺」タイプ。

oo6

かやく・粉末スープを入れるとこんな感じ。

「揚げ玉」「昆布」がいかにも

”大阪”ぽいですな。

お湯を投入して3分後・・・

oo7

思ったよりスープの色が濃い!

大阪なのでもっと薄い感じを

イメージしてたのですが

予想を裏切る黒さ。

oo8

麺も中太で存在感がありうまそう。

一口食べてみると・・・

kao5

「うまし!」

しっかり目に味があるスープは

コクがあり、色々な旨味が

口に広がります。あとに残る甘味は

書いていた泉州タマネギの甘味でしょうか。

oo9

具材は鶏ミンチと昆布も見えたのですが

昆布と揚げ玉はある程度、溶けてしまいます。

麺もちゃんとスープに絡みマッチしてました。

oo10

なんか「クセになるスープ」

味濃いめですが、ついつい飲んで

しまうスープなんですよ!

体に悪いと思いつつ・・・完飲。

「ごちそうさまでした!」

カロリーやお値段は?

気になるカロリーですが・・・

oo2

292キロカロリー!!

後入れのオイルなどないので

思ったよりカロリーは低かったです。

塩分は味濃いめなのでちょっと

多いかもしれませんね。

お値段ですがローソンで購入したので

184円(税込)でした。

結構高めですな。価格にうるさい

関西人に受け入れられるか

ちょっと心配なお値段です。

販売店舗や地域ですが

関西限定かと思いきや、なんと

「全国発売」されています

販売店舗もコンビニ限定ではなく

大阪のおばちゃんにも買ってもらうため

スーパーなどでも販売を

開始しているようです。

スーパーの方が少しお得に

購入できそうですね。

感想・まとめ

今回の”エースコック”

大阪王将協力

『産経新聞大阪ラーメンうまから醤油』

【自分的評価】ですが・・・

kao13

★★☆

最近よく見かける「○○ブラック」という

濃いスープに似たカップ麺でした。

コクがあり濃いめの味ですが

タマネギや昆布などの旨味が出て

味がしっかりしており、美味しかったです。

「あまから」と書いていますが

ピリピリした香辛料の辛さではなく

大阪で言う、塩分の辛みというか

「塩辛い」方の「からい」

表現しているのだと思われます。

なので子供さんや年配の方でも

美味しくいただける一杯です。

2011年から始まった

「ご当地ラーメンを作りたい」

という産経新聞『ラーメン部』

”心意気”が詰まったこのラーメン。

段々と進化しているカップ麺となっていて

おすすめなので見かけたらお試しください。

【エースコック特設ページはこちら】

”それゆけ!大阪ラーメンプロジェクト”

食べた感想など頂けると嬉しいです!

コメントお気軽にお寄せください(^▽^)/

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です