ファミマ限定馬車道アイスクリン昔懐かしカスタード風味の感想と評価

Sponsored Link

馬車道アイスクリン

仕事で”田舎の流しそうめん大会”

参加できず、悔しい思いの

管理人の居酒屋店長です。

仕事帰りのコンビニで

変わったアイスを発見。

kuri1

赤城乳業

『馬車道アイスクリン』

”昔懐かしカスタード風味”

なんかデザインがいいですなぁ。

昔ぽくてめっちゃ目を引く感じでした。

アイスクリンって今はあまり知らない人

多いんじゃないですかね。

自分もけっこういい年ですが

アイスクリームとの違いなど

知りませんしね。

昔懐かしい味わいなのか

食べてみたのでご紹介したいと思います。

あの赤城乳業さんが作ったので

間違いないでしょう!

Sponsored Link

アイスクリン実食レビュー

そもそも『アイスクリン』とは

なんだという話ですが、調べてみると

『アイスクリーム』のことなんですね。

始めて外国でアイスクリームを食べた

日本人が書いた文献に

『アイスクリン』と書いていたようです。

”味は至って甘く、口中に入るるに忽ち

溶けて、まことに美味なり。これを

【アイスクリン】といふ。”

と初めて食べた方がこういう風に

書き残しています。衝撃的だったでしょうね!

その後、日本にも『アイスクリン』が伝わり

始めてアイスクリームを作って販売した場所が

横浜の『馬車馬通り』なんだとか。

詳しくは”日本アイスクリーム協会”

HPで解説されていますので興味のある方はぜひ。

今でも横浜の赤レンガ倉庫には

『バシャミチアイス』さんという

アイスクリーム専門店があるので

いつか食べてみたいですな。

2016y08m13d_131638599

スプーンを「ズドン」と、ど真ん中に

刺して出す個性的なアイスみたいです。

では前置きが長くなってしまいましたが

『アイスクリン』を見て頂こうと思います。

袋から出すとこんな感じ

kuri4

結構いいデカさで”ガリガリ君”並かなと。

周りもなかなかのカチカチさ!

一口食べてみると・・・

kao5

「うまし!」

中身は意外と柔らかく口のなかでとろけて

カスタードの風味と味が口に広がります。

甘さがほどよくサッパリしていて

非常にバランスがいいです。

kuri6

周りは堅めのアイスで

コーティングされてますが中身は

それほど堅くなくきめ細かい感じで

すーと溶けていきます。

kuri5

厚みも”ガリガリ君”位あり

食べ応えもしっかりあります。

食べやすいのでガンガン食べれますよ!

自分は知覚過敏なんでガンガンは

無理ですが・・・。

kuri7

「ごちそうさまでした!」

赤城さんなので”当たり付き”かと

思いましたがないですよね。

ちょっと涼しくなれましたよ!

カロリーやお値段は?

気になるカロリーですが・・・

kuri3

124キロカロリー!!

結構ボリューミーなので高めな

カロリーは仕方ないかなと。

お値段ですがファミリーマート限定なので

129円(税込)でした。

限定品なのでスーパーや量販店では

買えないのでちょっと残念です。

買いにくいお値段でもないんですがね。

感想・まとめ

今回の”ファミリーマート限定”

『馬車道アイスクリン』

”昔懐かしカスタード風味”

【自分的評価】ですが・・・

kao13

★★✩

懐かしくもあり、新しくもある

とても美味しい『アイスクリン』でした。

カスタード風味もしっかりしており

甘さもちょうどよくさっぱりした

味わいでした。

昔のアイスクリンって今でも

スーパーなどで売ってますが

456539b09962b4471007a9e9c268b087_s

こんな感じを自分はイメージします。

食感も結構なめらかではなく

「サクサク」した感じなんですよね。

味も薄くチープな感じなんですが

この『馬車道アイスクリン』

そんなイメージを覆すアイスとなっていました。

さすが赤城乳業さん・・・。

子供さんから年配の方まで

万人向けのアイスだと思いますので

暑いこの季節にぜひお試しください。

【ファミマ限定アイス実食レビューはこちら】

”おっとっとアイス実食レビュー”

”トルコ風アイス実食レビュー”

※数量限定のため販売が終了している

店舗もありますのでご了承ください!

食べた感想など頂けると嬉しいです!

コメントお気軽にお寄せください(^▽^)/

Sponsored Link
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です