ボルサリーノ関好江の本の内容や感想を紹介!開運茶色メシって何?

本が届きました

毎度おおきに!管理人の居酒屋店長です。

前回、ご紹介した開運『パワーフード』で芸人さんたちの運気を上げてきた

吉本芸人たちの”おっかさん”お笑いコンビ・ボルサリーノの『関好江さん』が出されている本『よしもと印の元気になるおばんざい』を購入して読んでみました!料理好きが高じて、独学で薬膳を学び「薬膳インストラクター」なる資格を取得。更に料理に五行説を取り入れた『開運茶色メシ198選』が掲載されています。

毎日料理を自宅でも仕事でもするので非常に興味があり、関さんのことを調べて本があることを知ったのですぐにネットで注文して購入しました!テレビにも出演されるので今後話題になったら手に入りにくくなるかもしれませんしね!

早速、本の内容や感想を紹介したいとおもいます(^▽^)/

どんな内容?

『よしもと印の元気になるおばんざい』

というタイトルですが、まず「おばんざい」とは京都の家庭料理やおふくろの味をあらわす言葉です。

sekihon2

本のレシピは京風でもカラフルな創作料理でもありませんが関さんが「ご飯を食べて元気になってほしい」という考えが込められているということで「おばんざい」をタイトルに使っているんだそうです。

最初に『食べ物の意味』『薬膳とパワーフード』『五行説とパワーフード』について詳しく解説してくれています。

ここでは料理をする自分もあまり気にしたことがなかった内容を説明されていました。関さんの料理の中には「薬膳」「五行説」そして「おばあちゃんの知恵袋的知識」をミックスして食材のバランスを考えて構成されています。

「薬膳」とよく関さんは説明に使いますが漢方とか特殊な食材とかそういうのでなくて”食べる人のことを考え状況に合わせてその人の為に作った料理”も薬膳といえると説明しています。

食べると元気になる「実家のご飯」こそ薬膳で「パワーフード」であるのだそうです。

「五行説」については主に”食材””調理法”に当てはめて説明してくれています。

「五行説」とは・・・

”世の中のものは5つ【木・火・土・金・水】に分類されそれぞれに影響しあう”という考えなのです。それぞれの食材と特性を一部紹介します。

:鶏肉・葉物など⇒仕事運や成長などのパワー

:羊肉・赤身の大型魚・トマトなど⇒恋愛運や勝負運のパワー

:牛肉・淡水化物など⇒健康運や貯蓄運のパワー

馬肉・乳製品・キノコ類など⇒金運を持ち悪流を断ち切るパワー

:豚肉・卵など⇒対人運や現状打破のパワー

などなど他にもたくさん解説が本書には載っています。

その特性を食材や調理方法・味付け色や形・栄養素にあてはめ、運気を上げるレシピを関さんオリジナル理論で分類したのがこのレシピ本となっているのです。

関さんいわく「この食材は○○運を上げるからそれしか食べない」というのはダメで、偏った食べ方をするのではなく五行の性質に従ってバランスよく食べるのがいいそうです。

レシピの内容ですが朝食・昼食・夕食やパーティーさらには季節の献立まで色々な時に使える開運料理のレシピがのっております。作り方と解説が細かく書かれていて料理に慣れていない方でも作りやすいと思います。

スポンサーリンク

開運茶色メシとは?

この本に載っているレシピですが表紙にも書いてある通り料理の色がとても「茶色」なものが多いんです。

写真の料理は確かに綺麗に盛り付けられているんですが派手な色の食材が非常に少なくどれも家庭的で見ていて食べたくなるようなものばかりなんです。

本の中で藤井隆さん、まちゃまちゃさん、椿鬼奴さんが関好江さんの料理に対するインタビュー「僕らが愛する茶色メシ」と題して三人が色々語っているのですが料理と関さんをどれだけリスペクトしているかよく分かりました。

関さんの作る【開運パワーフード】は他のお洒落なレシピ本がたくさんある中で『茶色』で攻めているレシピ本なのです!

感想とまとめ

今回この『よしもと印の元気になるおばんざい』を読んでみて思ったことはどれもこれも美味しそうだと思いました!しかもバランスがとても素晴らしいです!

自分は料理が好きなので家族の運気を上げる為に作ってあげたい料理がたくさんありました。飾ってないんですがひとつひとつ手の込んだ家庭料理のようなレシピがホントに多いんですよ。

最後の方に短時間で出来る料理や、チョイ足しレシピなど開運も忘れていないアレンジレシピもたくさん載っています。ただ一つ欠点を挙げるとすれば若干、材料に常備してないものや少量しか使わない細かいものが多い気がします。その辺は開運の為には致し方ないのかと思います。あ!でも手に入りくい物とかは無いのでご安心を!

しかしこの一冊があれば和風・洋風・中華風の開運パワーフードメニューが作れるので料理好きな方や運勢下降気味の方には非常にオススメな一冊となっていると思うので購入してみてはいかがでしょうか?

そんな吉本芸人たちの”おっかさん”ボルサリーノ・関好江さんのプロフィールを

まとめた記事はコチラにあります。

【ボルサリーノ関好江関連記事はコチラ】

「ボルサリーノ関好江のwikiは?」

こちらも是非ご覧ください。

スポンサーリンク
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る