和歌山市本家アロチ丸高中華そば実食レビュー!深夜のラーメン屋巡り

深夜のラーメン屋巡り10杯目

ラーメン大好き、管理人の居酒屋店長です。

久々の「深夜のラーメン屋巡り」10杯目は、地元の大きな飲み屋街アロチの大通りにある老舗

「本家アロチ丸高」さんにおじゃましました。

和歌山のラーメン屋のなかでもかなり古く、屋台から始まった丸高さんの歴史は70余年になるそうです。現在は三代目のご主人が変わらない味を守られております。

お恥ずかしながら、こんな歴史あるラーメン店でありながら管理人は行った記憶がないんよね・・・。飲み屋街のメインストリートという立地からか、あまりお酒を飲まない自分は足が向かなかったのと、一番飲みに行ってた年代の時は県外に住んでいたのでご縁がなかったのかも。

しかし深夜のラーメン屋巡りには絶対に外せない老舗のラーメン屋。

今回は久々に同僚と時間が合い「THE和歌山ラーメン」ともいえる、トラディショナルな丸高さんの中華そばを食べてきたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

本家アロチ丸高中華そば実食

JR和歌山駅からも徒歩10分~15分位の距離にある、市内最大の飲み屋街アロチのメインストリートにある本家アロチ丸高さん。

年季は入っている入り口なんですが、きれいにされております。

時間は深夜12時をまわったくらい、お店に入ると飲み会帰りのスーツ姿のサラリーマンの方々や若い男性、ひとりで来店してるお父さんなど男性でごったがえしておりました。

他のお客さんもいたので全体的に撮れませんでしたが、席数は約30席くらいはありました。古いお店で毎日忙しそうな人気店なのでもっとギトギトした店内と思っていたのですが、予想以上にキレイにされている店内。素晴らしいです。

メニューはこんな感じ

メインの中華そばやチャーシューラーメン、餃子やおでん・キムチなどお酒のつまみ的なサイドもあります。ご飯系が和歌山のラーメン屋さん定番の

サバの早寿司しかありません。ラーメンとの相性はいいんですがガッツリと食べたい方は1つでは足りないかも。

この日はラーメン屋をはしごする予定はなかったので、管理人は中華そば大盛、同僚はチャーシューラーメン大盛(1100円)と餃子(300円)を注文。

おでんが美味しいのか、まわりの方々はよく注文してましたよ。

数分で着丼。

「中華そば 大盛」(800円)

思ったより油分は少な目な感じ。ただスープは濃厚そうです。チャーシュー・メンマ・ねぎ・のの字のカマボコが入ってます。

麺はスープがよく絡む、和歌山ラーメン定番の中細麺。茹で加減は少し柔らかめなんで堅めが好きな方は注文時に、お願いしておけば調整してくれると思いますよ。

チャーシューはロースでしょうか。かなり薄く味はいいですが若干パサつく感じのチャーシュー。

 

メンマは細目で小さい感じ。味は極々スタンダード。

和歌山でいう「車庫前系」の味。豚骨醤油ですが臭みも少なく食べやすいですが、少し醤油の味にエッジが効いていて、しょっぱく感じました。後味に苦みが残るのはタレの味でしょうか。

完飲はやめときました。大盛だったので満腹やで!

餃子を忘れてましたね。

「餃子6個」(300円)

至ってシンプルな餃子。生地はもっちり、野菜が多めでニンニクが効いてましたよ。

あまりジューシーな感じではなく、パサっとした感じでしたが白メシが欲しくなる餃子でした。

さすがは創業1940年の老舗ラーメン。これぞ「和歌山ラーメン」といった感じ!飲み屋街のど真ん中にあるだけあって、ひっきりなしに飲み帰りの方たちが入れ替わり、立ち代わりする人気店やで~!

ちょっと深夜は女性の方だけでは、入りにくいかもしれませんね。でもおすすめやで!

スポンサーリンク

場所や営業時間は?

場所ですがJR和歌山駅正面(西口)から徒歩約10分~15分。けやき大通りを和歌山城に向かって行き、柳通り北ノ新地側に入ったところにあります。飲み屋街アロチのメイン通りにあるのですぐに分かると思います。

『アロチ本家丸高』

住所|和歌山県和歌山市友田町2-50

TEL|073-432-3313

営業時間|17:30~翌3:00

定休日|日曜日

駐車場|近隣のCP利用

和歌山の王道の中華そば。最古参の名店の味は、飲んだ後のシメに間違いなく選ばれる一杯。

濃厚ですが脂が濃いわけではなく、あっさりした味わい。醤油のエッジが効いているのは丸高さんの特徴でしょうね。ただただ濃いだけではなく旨味が凝縮されてるんでしょうな。

飲み屋街にあり、深夜はとにかく男性の軍団の出入りが激しいので、深夜に女性は入りにくいと思いますが、17時半からの営業なので早めの時間だとゆっくりラーメンを味わえると思いますよ。次回はおでんや早寿司も食ってみようかな。

和歌山ラーメンを語るには絶対に外せないお店。和歌山に来た際はぜひご賞味ください。

【深夜のラーメン屋巡り】

”9杯目、丸田屋ぶらくり丁店”

”8杯目、サッポロのみそラーメン”

”7杯目、中華そば味丸県体前”

”6杯目、和歌山市ラーメン○イ(まるい)”

”5杯目、和歌山市斗天王ラーメン”

”4杯目、和歌山市味(あじ)中華そば”

”3杯目、和歌山市丸平(まるひら)中華そば”

”2杯目、和歌山市まるやま中華そば”

”1杯目。和歌山市まる亀のスタミナラーメン”

”0杯目、和歌山市傾いたラーメン屋まる豊”

行く前の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る