ミツカンカップクック豚しょうが焼きを使ってみた!お値段や口コミは?

ミツカンカップクックシリーズ

豚のしょうが焼きはそんなに難しくないと思う、管理人の居酒屋店長です。

今日の献立に困った奥さ~ん!これどうでっか!!

ミツカン『カップクック豚しょうが焼きのたれ』

オカンにもらったカップクックシリーズ調理レポート最終回です。今回はCMにも登場している人気おかずの定番【豚しょうが焼き】

このCM見た人は、まず豚しょうが焼きのたれをかうでしょうな。管理人はあえて最後まで取っておきましたよ。

豚のしょうが焼きって、それぞれの家庭の味もあるし、町の定食屋さんや飲食店で食べる場合も微妙に味は違うけど、そこまで味に大きな差はない炒めものだと思うんですよね。

そしてどこで食べても

大きいハズレは少ない

と思うんですよ、勝手な想像ですけどね。

なのでこのミツカンさんの豚しょうが焼きにも期待できるのではないかと。

先に食べた2つはちょっと味ズレてたかも・・・。

今回でカップクックシリーズ最終章となりますが、おかずの定番中の定番ともいえる『豚しょうが焼きミツカンバージョン』は、一体どんな味なのか食べてみました。

スポンサーリンク

カップクック豚しょうが焼きのたれ使ってみた

先に実食した鶏てりやきと豚キムチ炒めのたれ同様に

お肉は一切入ってないので、豚肉は用意しておきましょう!たれの具材はタマネギと生姜が入っております。

作り方はCMの通り、お肉を炒めてこのたれをからめるだけなので10分もあれば完成しまっせー!

豚肉のスライスを炒めるぜぇ~。軽く塩コショウはした方がいいかも。

お肉にある程度、火が通ったら・・・

しょうが焼きのたれ投入。ちょっとたれを味見したんやけど・・・

酸っぱすぎへんか?これ??

火を入れたら少しは酢飛ぶけど、前の2つくらい、もしくは2つ以上に酢が効いてるような気がするで。

まぜてから中火で2~3分炒めて完成。

香りは確かにしょうが焼きチックな香りが漂います。奥さんとのお昼ご飯に作ってみたので二人で実食。

食べてみるとしょうが焼きのように生姜の風味はしっかりしてますが、味はみんなが想像する豚しょうが焼きの味ではないような・・・。

これを食べた奥さんも「うーん微妙。なんか違うよな?」と反応が悪かったです。

かなり火を入れて炒めたけど、やっぱり酸っぱいんよね!なので自分の中で思い描いて作る食べ慣れた豚しょうが焼きとは、かけ離れてる感じでしょうか。

悪くはない、ご飯にも合わないこともない。でもね、これミツカンのポン酢使って作る

ポン酢炒めみたいやで・・・。

スポンサーリンク

口コミやお値段・カロリーは?

個人的に嫌いな味じゃないけど、豚しょうが焼きとは管理人は思えません。結構売れてるみたいなんで食べた方の口コミや感想はどのような反応なんでしょうかね。

ツイッターでこのカップクックを試してみた方のコメントや口コミを見てみると、味に関しては美味しいようですが、やはり圧倒的に管理人も思ってたことですが

「なにか違う」

と思ってる方が多かったですね。

あとやはり酸っぱいとか、値段がちょっと高いなどの意見が多いように見受けられました。

やはり調味料としてのお値段も高く感じてる方が多いですね。ちなみにお値段はスーパーで

258円(税抜)です。定価は全種類324円(税込)です。画像はてりやきのたれのお値段ですが3種類とも同じ値段です。

一回で大体使いきることを考えれば、少し高いかもしれませんね。

カロリーですが

1人前84g当たり92キロカロリーです。たれのみのカロリーだと思います。

発売期間などは限定ではないので、当分は販売されていると思います。しかし品薄なのか売ってないという口コミも多いです。大手スーパーなどで探してみるか、ネットでの購入の方が確実のようです。

3種類の実食まとめ

ミツカンカップクック3種類全てを調理して食べてみたのですが

手早く料理を完成させることができる、画期的な商品だとは思います。

たれの容器をカップにすることにより、炒めたお肉にかけやすかったですね!

今回の豚しょうが焼きのたれを食べてみた感想としては、やはり管理人も

「なにか違う」

と思ってしまうほど、普段食べたり作ったりする豚しょうが焼きの味と少しズレてるのかなと感じました。

長期の保存を可能にするために、お酢を多めに使用しているのでどの種類ともにどうしても味が酸っぱくなっていまっているのだと思います。

自分のように酸っぱい味でもご飯を食べれる人には美味しくいただけますけが、酸っぱい味が苦手な方にはちょっと無理かもしれません。子供のおかずにもちょっと不向きかも。

豚しょうが焼き・豚キムチ炒め・鶏てりやき、どれもそれほど難しい料理ではないですが、調味料を合わせるのがめんどくさい!とか感じてる方向けな商品。

個人的に一番違和感なく食べれたのは豚キムチ炒めでした。

お酢のサッパリ炒めが出来ると思って、使う分には十分な美味しさなのでぜひ。

あと、個人的に

タマネギは

柔らかいほうが好きやでぇ~。

【関連記事】

”カップクック豚キムチ炒めのたれ実食”

”カップクック鶏てりやきのたれ実食”

”ヨシダソースを使ってみた!”

”ベルトリーのパスタソース”

”ベルトリーアルフレッドソース”

”万能調味料マキシマム”

”和歌山の大陽ソースを実食!”

”最高のカレーを作る9つの方法”

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る