日清肉汁麺AKIBAヌードルを実食!カロリーやお値段や鳴門まきも紹介

秋葉原肉汁麺ススム監修カップ麺

肉は確かに男のロマンやと思う、管理人の居酒屋店長です。

先日コンビニ徘徊してたら一風変わったカップ麺を見つけたで。

日清『AKIBAヌードル肉汁ススム監修肉汁麺』

なんや、とんでもないネーミングのカップ麺で見た瞬間

ほれてまうやろぉ~!!心の中で叫んでもーたで。

もちろん購入するでしょ。うまいまずいは別にして名前で買ってもーたわ!CDのジャケ買いみたいなもんです。

果たして、この肉汁野郎・・・じゃなくて肉汁麺はどんな味なのか食べてみました。

スポンサーリンク

日清肉汁麺実食

東京は秋葉原にこんな素敵なラーメン屋さんがあるんですねぇ~!

肉盛ラーメン店『肉汁ススム』凄い名前ですな!ぜひ地元にも来てほしいですね。東京に住んでたら自分週イチは食べに行ってしまいそうやで。

肉汁ススムさんは食べログによるとガッツリ系で秋葉原ジャンク通り(末広町)にあり、まだオープンして1年ほどのお店みたいです。食べログ評価も3.46とレベルも高いお店。

肉汁というか肉のトッピングが凄いようで・・・

こんな感じにトッピングされるようですな。しかも肉の量がグラムじゃなくレベルで選ぶんだとか。ちなみにレベルMAXは肉量800gだそうです。

まさに肉好きの為のラーメン屋、素晴らしすぎる!

そんな肉汁ススムさんが監修したカップ麺も見ためからしてインパクト抜群。

秋葉原のお店だけあって・・・

「萌え」もしっかり押さえてるわ。か、かわいい・・・。

フタの上には

卵黄だれがついています。袋を取ると・・・

まるで呪文のように中太麺とか甘辛醤油タレとか肉とかめちゃめちゃ書かれてますね。

フタを開けるとなんか・・・

日清さんらしく謎肉ぽい肉が大量に入ってます。薄切りの肉もありますね。

お湯投入、5分後卵黄だれ注入

混ぜて完成。てか管理人は卵黄だれの入れどころ間違えたかも・・・。

混ぜると卵黄だれ感は行方不明になるので、みなさんは混ぜた後に入れることをおすすめします・・・。

麺は中太ストレート麺。ひとくち食べてみるとコシもあり食べ応えのあるしっかりした麺。

濃いめのスープにめっちゃ合ってまっせ。このスープ、色はめちゃめちゃ濃い目ですが食べてみると意外にあっさり。脂っぽいこともなくすっきりした味わい。

肉がお店のような肉ではないのが残念ですが、謎肉がこれでもか!ってくらい入ってました。謎肉祭より少し少ないくらい。

うっすい肉はつかみにくいくらいの量でした。実物をこの2種類で表現するのは難しいけど頑張ってるとは思う・・・。

濃いんやけどなんかグビグビのんじゃうスープでした。完飲できたけどちょっと控えました。

スープは少し甘めなんですかね。卵黄だれのせいなのかマイルドに感じました。

夜中だったので・・・

胃もたれ心配やで。

スポンサーリンク

カロリーやお値段は?

カロリーですが

532キロカロリーです。量も肉も多くスープも濃い目?なのでこのタイプにしてはカロリーは高めですね。

お値段ですが、コンビニで216円(税込)です。数量や期間は限定ではないですが無くなり次第終了かと思われます。コンビニ限定でもなさそうですがスーパーでは見かけてないので扱っている所は多くないのかもしれません。

鳴門まきちゃんって誰?

秋葉原なのかどうかは分かりませんが可愛い女の子の絵がこの肉汁麺には描かれています。

こことか・・・

卵黄だれとか謎の女子高生が。ふたの裏にこの子の正体が書かれてましたよ。

日清さんのオリジナルなんでしょうか?名前は

『鳴門まきちゃん』だそうで高校2年生。

チアリーディング部でマイブームは一人で食べるこってりラーメンて・・・

そんな女子高生おらんやろ!って

ツッコミそうな設定やで。なんかラーメン食べる女子高生のマンガがあったような・・・。おもいっきりパクってません?これ?

服装が違う3パターンのパッケージがあるんで探してみてください。

今後の鳴門まきちゃんの活躍に期待しましょう。

評価・感想

今回の日清『AKIBAヌードル肉汁ススム監修肉汁麺』の個人的評価ですが・・・

評価|★★

【評価内容】

★1つ:イマイチ、無理かも

★2つ:普通、無難、アリかな

★3つ:美味い!、マズい関係なしに好き

※あくまで個人的評価です。

個人的には大好きな部類のカップラーメンです。お店で食べてないので再現度に関しては分かりませんが、思ってたより濃くはないです。見ため的に徳島ラーメンぽいんでしょうか。スープの色あいやお肉の感じなど徳島ラーメンに近い感じがしますね。

お肉感も謎肉など多めに入っており頑張った感はあるものの、足りてない気がするのは気のせいでしょうか。謎肉祭以上を目指してほしかったですね。

とはいえ、本物が食べてみたくなるほどのスープと麺のクオリティが高いカップ麺だと思うので気になる方は、ぜひお試しください。

肉汁に萌えるで。

【肉系カップ麺関連】

”帰ってきた謎肉祭実食”

”謎肉祭2016実食”

”白い謎肉入りチリトマトヌードル”

”スキヤキ牛めし食べてみた”

買うときの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る