マンホールカードの取引価格がやばい!配布場所や遊び方を調べてみた

マンホールカードがブーム?

カードで興味あったのはムシキングくらいの管理人の居酒屋店長です。

今まで気にしたことなかったんですが、道路の穴つまりマンホールのフタがよく話題になっております。

地方によってオリジナルのデザインがあり、その地方の有名な物や特徴を描いたマンホールのフタがあるんですよ。

魚拓みたいに、マンホール拓をとるおばちゃんもおったような気がする。それくらいデザインが豊富で色々あります。

たとえば管理人の地元、和歌山県だと

こんな感じにデザインされたマンホールのフタがあるんです。カラフルや~ん。

これ「てまり」だそうですが、地元住民の管理人でもなぜ「てまり」なのか分からなかったので市のホームページを見てみると

和歌山市公共下水道のマンホール蓋は

「てんてんてんまり てんてまり」で始まる

「まりと殿様」の歌でおなじみの「紀州てまり」が

描かれた優雅なデザインです。

※和歌山市HPより引用

てんてんてんまりの歌は紀州てまりだったんですね。

紀州てまり自体をよく知らないんやけど・・・。

和歌山だったらみかんとか和歌山城とか、もっと分かりやすい物があったと思うんですがね。

そしてこのマンホールのフタをカードにしたものが

この「マンホールカード」なんですよ。

ただフタをカードにしただけではなく裏には

なぜこのデザインなのか由来がかかれてます。

結構ね、地味な感じのカードなんですがカードマニア?マンホールマニア?には大人気らしくその都市や県にいかないと入手できないこともあり、レア度が高かったりするみたいです。

お店に売ってないカードなんでオークションなどで高値で取引されてるようですよ。

色々マンホールカードについて気になったのでご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

遊び方やカードのお値段は?

遊び方なんですが、トレーディングカードなんかとは違うのでバトルやそんな遊びが出来る機能は一切ないです。

カードを見てもらったらわかるのですが

左下に数値が書かれていてるんですが、これ実際にマンホールがある位置を示してるんですよね。

この数値は緯度と経度でマップアプリなどにこの数値をそのまま入力すると

こうやって実際のマンホールの位置が出るんですよ。そしてそこでカードと共にマンホールと写真をとるのが通のようです。

こんな感じで旅行ついでに配布されている施設などに行き、本物のマンホールや施設と写真を撮る方が多いです。純粋にカードをコレクションするのが楽しいんですよね。

カードのお値段なんですが配布場所に行ってもらう分には

基本無料です。

しかし現地にいかないと入手できないということもあり、コレクターの間では高値で取引されてるんですよ。

某有名フリーマーケットサイトでも

一枚数百円から売られてまっせ!平均300~500円くらいでしょうか。高いものだと1000円を超えるカードも・・・。

ちなみにわが地元和歌山のマンホールカードは

500円前後でした。無料のカードやで!これ!!

セットで売っているものは5000円とか10000円とか。

めっちゃ高いやん!

無料でもらえるカードですが入手する為の労力を考えると、やはり高値で取引されるようなカードになってしまうんでしょうか。

取引価格が高いものはイベントで数量限定であったり、下水施設を見学しないともらえなかったりと一般では入手しにくいカードがレアで高額になってるようですね。

ちょっと欲しくなってきたで。

スポンサーリンク

マンホールカードの配布場所

マンホールカードの配布場所なんですが

「下水道広報プラットホーム」のページより確認できます。

こちらで配布場所の情報が閲覧できます。

「配布先一覧」

現在第5弾まで配布されており

191の自治体が参加しておりカードの種類はなんと

222種類!

全部コンプリートしてる人はいるんでしょうか。かなり集めがいのあるカードかなと思いまっせ。

和歌山でマンホールカードが欲しい方は配布場所をのせておきますね。

和歌山市マンホールカード配布場所

【和歌山市観光案内(和歌山城)】

所在地|〒640-8146 和歌山市一番丁3番地 

わかやま歴史館1階 (和歌山城観光バス駐車場付近)

利用時間|午前9時00分から午後5時45分まで

休館日|年末12月29日~12月31日

JR和歌山駅または南海和歌山市駅からバスで「市役所前」停留所下車

綺麗な観光案内所になっているのですぐわかると思います。

管理人も地元のマンホールカードが欲しくなってきたので、まだあるか担当部署の方に問い合わせしたところ在庫はまだあるそうです。

時間があるときカードをもらってマンホール前で撮影してきたいと思います。

手に入りにくいカードで現地にいかないともらえないということもあり高値で売買されていますが、のめりこんで大金を使わないようにご注意を。

【関連記事】

”うまれて!ウーモが高すぎる”

”3Dアーツペンは難しい!”

”さかなクンさんの回転寿司セット”

”うまれて!ウーモワォ紹介!”

【和歌山関連】

☆スポット・イベント関連

”廃校のおばけ屋敷in有田川に行ってきた!”

”有田川町の廃校でおばけ屋敷2017開催!”

”和歌山ホギホギ神社に行ってきた”

スポンサーリンク
人気記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る